松崎ヒロノブはヤブレカブレ2の後に御苗場出展が決まっていたので、ヤブレカブレ2の作品紹介が遅くなりましたが、ヤブレカブレ2の展示紹介をします。

存在証明
松崎ヒロノブ


160110ma01.jpg

160110ma02.jpg

160110ma03.jpg






photo シメンソカ / blog editor 椿原桜果


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
2016.03.29
4日間の激闘の場所、大桟橋ホールを後にします。
20160228-30.jpg

最後だし、横浜はあまり来ないので4人で記念撮影をしようと格闘していたんだけど…
20160228-46.jpg

それを細井研作さん(KEN3TV)に撮られてました(笑)
20160228-45.jpg

打ち上げしようと横浜駅に移動中。
20160228-32.jpg

写真で凹んだり落ち込んだりする松崎ヒロノブをいつも叱咤していたのが矢野巌です。今回の受賞が松崎ヒロノブよりも嬉しくてにやけ顔ですw
20160228-31.jpg

打ち上げ会場は桜果が行ってみたかった『四十八漁場』
今回の主役のはずの松崎ヒロノブは肉好きなのにその意向をまったく気にせず入ってしまうところがシメンソカです。
20160228-33.jpg

しかも到着してすぐに3月の定例会旅行(塩竃フォトフェスティバル)の切符清算をしてるのでなかなか乾杯になりません。
20160228-34.jpg

待たせて待たせてようやく乾杯!今日のお酒はいつもよりおいしいはずです。
20160228-35.jpg

20160228-36.jpg

刺身盛りが3切れづつしかないので、じゃんけん争奪戦!今回の主役である松崎ヒロノブに『どーぞ』なんて声をかける人は一人もいませんwww
20160228-37.jpg

美味しく食べて、一息ついた頃。松崎ヒロノブ仮眠タイムですね。4日間大変だったんだろうといつもより暖かい目で見守るシメンソカです。もっとも見守るだけなんですけどねw
20160228-38.jpg

さて、仮眠から目覚めた松崎ヒロノブが参加出来るので、今度は今後についての真面目な話し合い。
20160228-40.jpg

zineを作ろうと話は出ているものの先行きの事になると不安になるのかzineについて話していると毎回こんな顔になる矢野巌w
20160228-41.jpg

1年通してzineに関わるのですが、どういう風になるんでしょうか。
そして御苗場最終日レポートはこれで終わりです。今回は祝・松崎ヒロノブって事で長編でお届けしました。実は来月の定例会は塩竃フォトフェスティバルに行ってきた事を記事にするのでまた長編レポートになると思います。またその時もお付き合いくださいませ。



write 椿原桜果  /photo 矢野巌・KaoRin・椿原桜果 Special Thanks photo 細井研作 / blog editor 椿原桜果

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
2016.03.25
さて、前回からの続きで、御苗場表彰式の様子です。
20160228-27.jpg

御苗場はレビュアー賞の他、オーディエンス賞、メディアパートナー賞など様々な賞があります。その中でメディアパートナー賞である月刊カメラマンの編集長に選んで頂きました。壇上にあがって賞状を受け取る松崎ヒロノブ。
20160228-12.jpg

受賞のコメントを述べている松崎ヒロノブ。
20160228-13.jpg

『体は熊のようですが心はうさぎなので今手が震えている状態なんですけど…このような賞をいただけて大変嬉しいです。ありがとうございました。えーとこんな情けない私なんですけど、あとあとずっと私を支えてくれていました、写真集団シメンソカというグループをやっているんですけど、その仲間たちみんなに感謝の意を送ります。ありがとうございました。』


無事、表彰式も終わり松崎ヒロノブのブース前で賞状を見せてもらいました。
20160228-14.jpg

ソガールによる囲み撮影w。
20160228-16.jpg

せっかくだからシメンソカ4人で撮ったら?とわざわざレンズを付け替えて写真を撮ってくれた渋谷純一さん。(それが今回の1枚目の写真です)
20160228-15.jpg

今年のレビュアー賞タカザワケンジセレクト、寺内俊博セレクト 、エプソン賞など3部門を獲った奥彩花さんとパチリ。
20160228-18.jpg

kiiroさんも来てくれました。
20160228-19.jpg

CMSの今中理恵さん。今中さんはシメンソカ1回目の定例会の時のゲストでした。
20160228-17.jpg

…と喜びの余韻もそこそこに撤収作業がスタートです。
20160228-22.jpg

額を外し、かおりんも微力ながらお手伝い。
20160228-25.jpg

その時、桜果はFBのシメンソカページにあげる速報を打っていて、矢野巌は搬出の様子を写真に納めていたのでした。(普段からこの役割で動いてます)
20160228-24.jpg

出展者の宮井結美さんとお別れの挨拶をして…
20160228-20.jpg

御苗場を後にしたのでした。
今年の御苗場はシメンソカにとっても印象深い展示会になりました。松崎ヒロノブとしては沢山の知り合いの人に会えたし、激励も受け、テラウチマサトさんにはコメントを書いてもらい、速水惟広さんにはレビューも受ける事が出来ました。沢山の方々に感謝してもしきれません。
そして、今年の御苗場レポートがまだ終わらない…打ち上げの様子は次回です!
長くなってしまってごめんなさい。

write 椿原桜果 / photo 矢野巌・KaoRin・椿原桜果  Special Thanks photo Junichi Shibuya/ blog editor 椿原桜果

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
2016.03.20
ここからはいつもの通り、椿原桜果がレポートします。
松崎ヒロノブが参加している御苗場vol.18の最終日をシメンソカ2016年2月の定例会にしたので御苗場最終日のこの日はシメンソカが全員揃いました。朝イチで乗り込む気満々だったのですが3月の定例会(今回は東京を離れての企画になります)のための切符を受け取るというミッションがあったので旅行代理店が開いてから受け取って→横浜に向かうと事になった椿原桜果のため、昼頃の集合になりました。
20160228-01.jpg

大さん橋ホールの入り口近くで集まっていると小峯将威さんに声をかけられました。そこにはかわいい娘さんが!しかも写真を撮ってくれました。将来有望な女性カメラマンの娘ちゃんはどんな写真を撮ったんでしょうか。仕上がりが楽しみです♪
20160228-02.jpg

20160228-03.jpg

連日、参加している松崎ヒロノブは気合いの1本を飲んでました(笑)
20160228-04.jpg

まずはzineブースを見ようと『PHOTO! FUN! ZINE! vol.4 in CP+2016 PHOTO HARBOUR』に向かうシメンソカメンバー。というのも、年初めにおこなったシメンソカ年間スケジュール決定会議でシメンソカとしてzineに挑戦しよう!という企画が持ち上がっていたのです。まず主催者の一人であるフォトカノン戸越銀座近一志さんに『zineとは何か?』を質問しまくるシメンソカ。
20160228-08.jpg

説明を受け、会場内一周してまたさらに質問しまくるシメンソカ。近さん、本当にありがとうございました。
20160228-07.jpg

zineをしっかり見たので、御苗場に突入です。まずは松崎ヒロノブのブースを見ようと177番へ向かいました。
20160228-06.jpg

その後は自由にまわりつつ…御苗場で初めての企画、オークションをやるというのでシャンパンを頂き、出展されていた古谷守さん&菅谷雅則さんと乾杯。
20160228-21.jpg

オークションの次は、表彰式です!
20160228-10.jpg

表彰結果は御苗場からも発表しているし、FBのシメンソカページ、シメンソカメンバーのTwitterなどでご存知の方も多いとは思いますが、松崎ヒロノブはメディアパートナー賞(月刊カメラマン推薦)の賞を頂く事が出来ました。本当にありがとうございました。

…が、この様子は次回のシメンソカブログ(シチテンバットウ)で詳しくお伝えします。

write椿原桜果 /photo 矢野巌・KaoRin・椿原桜果 / blog editor 椿原桜果

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
2016.03.16
今回、搬入から3日目の2月27日までの3日間の御苗場レポートを松崎ヒロノブが書きました。



実は、単身で展示に臨むのは今回が初めてというヘタレな自分なので、まずは用意を周到にしようと買い物に明け暮れる。余ったとしても次回何らかの展示で使えるため、予算は気にせず新宿を徘徊。買い物時はシメンソカメンバーの矢野に同行してもらい、死角をなくす。さらには深夜のハレパネとの格闘、寝ずに作るブックなど社会人にあるまじき行為を繰り返し、御苗場へ向けての用意を進める。そして搬入当日を迎える。


当然、シメンソカ不器用担当の自分は大苦戦。写真教室で一緒だった友人も出展しており、手伝おうか?と言われノータイムでお願いする。トンカントンカン、トンカンカン。何とか完成し、胸をなで下ろす。
20160227-01.jpg

正直、万人受けする写真ではなく、足を止めてくれるひとは少ない。けれど、止めてくれた方はいろいろなコメントをして頂き、それらはとても勉強になることばかり。心から感謝を。
※写真は津田征治さんにコメントを頂いているところです。
20160227-02.jpg

写真に酔ったときにもらったエスプレッソ(?)コーヒー。これだけの出展者がいて、その想い、写真のパワーがブースから放射されており、それを正面から受けて、メンタルが上がったり下がったり。
時間は毎日あっと言う間に過ぎ、そこから何かを得ようと足掻こう、と心に決めていたが、なかなか難しく…。それでも、自分はここにいて、参加してよかったと思う。仕事やプライベートに押されて凹んだ写真という枠組みが、蘇生していくのを感じた。
20160227-03.jpg

明日は御苗場最終日のレポート(1)です。シメンソカ定例会にしたのでメンバー全員が揃っております。そして長編レポートになってます。

write 松崎ヒロノブ photo 矢野巌・松崎ヒロノブ / blog editor 椿原桜果

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
2016.03.12
20160228-28.jpg

今回、御苗場2016にてメディアパートナー賞【月刊カメラマン推薦】をいただくことが出来ました。とても嬉しく(踊り出しそうなほど)思うとともに、観ていただいた皆様への感謝の気持ちで一杯です。

御苗場への参加は今回が2度目で、1度目は3年前、所属している写真集団シメンソカのメンバーと個々に出展しました。当時を振り返ってみると、お祭りに参加するような気分だったように覚えております。そのときの私にとって、最終日の授賞式は対岸での出来事でした。

あれから3年。はたして私が撮ってきた作品は受け入れられるのか? 通用するのか? 評価されるのか? ふだん見ていただいている人たち以外からの反応が知りたくなり、単独で御苗場2016に参加しました。凄まじい熱気や情報量に心翻弄されながらも4日間を過ごせたことは、私にとってとても大きな糧となっています。

最終日の授賞式は対岸のことなどと暢気になれるはずもなく、うってかわって強い緊張に包まれていました。傍観者から当事者への意識の変化、これも3年間の成果のひとつなのかもしれないな、などと斜に構えながらも、どこかで期待してしまっている自分がいるという不安定な心境でした。そんな折り合いのつかないところで唐突に呼ばれたものですから、私は見事真っ白、皆様のまえでうまく喋れずに後悔しきりです。

長く撮り続けてきたマネキンを賞に選んでいただいたこと、とても励みになります。例え少ない人数であっても、何かしら感じて頂けることの喜びを胸に、今後も紆余曲折しながら精進していこうと思います。

これからも、写真集団シメンソカと松崎ヒロノブをよろしくお願いします。

松崎ヒロノブ

御苗場HP

write 松崎ヒロノブ photo 矢野巌 / blog editor 椿原桜果

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
2016.03.08
20160110oh04.jpg

写真集団シメンソカにとって2回目のグループ展『ヤブレカブレ2』が終わりました。
前回からちょうど2年、時期も同じ場所も同じ、さらにシメンソカメンバーの出展作品がそれぞれが前回と同じテーマの発展系での展示になった事が印象深かったですね。

私個人の事ですが、フリーランスで働いていた状態から2015年4月より会社勤務になった事でほとんど自由な時間が取れなくなって、撮影にもあまり出れなくなっていたし、なにより準備にかける時間が少なくてバッタバタな状態で準備をして当日はフラフラwww。

…というのは言い訳で(笑)もともとスロースタータータイプで腰を上げるのまでの時間が遅い私。今回も台湾旅行か東北旅行の写真を出そうと写真は決めていたのに、そこからなかなか動かなかったのでやっぱり準備は直前になってしまってました。ただ、今までにやった事のない展示方法にして(多穴)今までやった事のないポートフォリオを作ったり(今まではweb注文でブックを注文)初めての事にもトライした事は自分的にはよかったのではないかと思ってます。特に、ポートフォリオ。小さいサイズながらもプリントした写真をそのまま使ったのですが、その扱いの面倒な事www 仕事柄Macの中で作業する事は苦にならないのですが、リアル手作業の大変さを改めて思い知れていい経験が出来ました。

展示会当日は、日頃の疲労と準備前の疲労とが合わさって日ごと顔が疲れていっていました…
次回、展示があるのなら開催当日も元気ハツラツな状態で向かいたいなーと思いますが、スロースターターな性分なので、多分やっぱり顔に疲労が出てるんだろうと思います。今はとりあえずヤブレカブレが終わって次の展示なんて考えられない状態ですが、時期が来たら多分きっと必ず開催すると思いますので、その際はまた来てやってくださいませ。

最後になりますが、展示にお越し下さったみなさん、丁寧にコメント用紙に記載してくださったみなさん、こうやってシチテンバットウをご覧下さってるみなさん、本当にありがとうございました。

椿原桜果

photo シメンソカ / write 椿原桜果 / blog editor 椿原桜果


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
2016.02.01
今回は椿原桜果のヤブレカブレ2での作品紹介です。

旅色
椿原桜果


160110ohka01.jpg

160110ohka02.jpg

16110ohka03.jpg



photo シメンソカ / blog editor 椿原桜果


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
2016.01.28
16110kao04.jpg

まず最初に今年もシメンソカでこうして展示が出来たことに感謝しています。撮影に一緒に行ってくれた友達、展示を楽しみにしてくれていた友達、展示に足を運んでくれた皆さん、そしてメンバーにありがとうございました!!と伝えたいです。


二年越しの今回の展示も被写体は羊でした。前回よりパワーアップしたいという想いはありました…
が、前回大きなサイズでインパクト大な作品にしていたので今回それをどう超えるかしばらく考えてた日々でした。

展示の方法、作品数…これは羊を撮りに行く前から構想を練っていました。撮ってる時は楽しくなっちゃってあまり気にしてなかったけど…。


かわいいだけじゃない羊の部分を作品にしたのですが「ひりひり感」というニュアンスをうまく伝えられたかどうか…(笑)そして笑っている羊をたくさん紹介できてよかったです!!作品の周りを人工芝にすることで背景を白から黄緑にする効果は見やすさ、イメージのしやすさを狙っていたのでやってよかったです。

作品数については今回自分で決めた10点という多い作品数が初めてでとても悩みましたし今後の課題となりました。色々な助言、感想を頂き勉強になりました。ありがとうございました。

参加型のポートフォリオに関しては作品を見た人による羊の気持ちの感じ方が色々な回答があってとても面白かったです。私だけの感じ方だけではなく共有することが少しでもできたらという想いがあったので楽しく参加してもらえたり見てもらえて嬉しかったです!!

多くの方に作品もポートフォリオもじっくり見てもらいアンケートにまで丁寧に書き残してもらえたことが本当に嬉しかったです。直接お話を通してアドバイスや感想をもらえたことも本当に感謝しています!!どうもありがとうございました。

この展示を通して経験したこと、学んだことを糧に自分と向き合って引き続き成長していきたいと思いますので今後も温かく見守っていただければ幸いです。よろしくお願いします。

KaoRin

photo シメンソカ / write KaoRin / blog editor 椿原桜果


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
2016.01.24
今回はKaoRinのヤブレカブレ2での作品紹介です。

羊はかわいいだけじゃない!
KaoRin


160110kao01.jpg

160110kao02.jpg

16110kao03.jpg




photo シメンソカ / blog editor 椿原桜果


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
2016.01.20
 | HOME |  NEXT PAGE »