シメンソカも活動を初めて12/31で丸1年になりました。
1年活動してきての感想などを今日から一人づつ掲載したいと思います。
まずは矢野巌の2012年シメンソカです。

____________________________________________

20120212-04.jpg
2012年御苗場テラウチマサト賞のアキタカオリさんと

手探りの中で結成した写真集団シメンソカも無事に一年を駆け抜けることが出来ました。
僕自身も活動を通じて感じることが多々あり、一年を振り返りつつ、来年についても考えてみたいと思います。
05gw-04.jpg
GWモヤモヤシメンソカat青梅にて

13_original.jpg
第6回シメンソカ定例会at曙町〜新宿にて

【活動を通じて得たもの】
・毎月の定例会にテーマを決めて臨むことで、漫然と撮るのでなく、毎回のモチベーションを保ちながら取り組むことができました。
・定例会で行う講評会では、写真については恨みっこなしという心掛けで取り組み、互いに忌憚のない意見を交し合うことができました。何より意見を出し合い言語化することで、翻っては自分の作品を見つめ直すキッカケにもなり、少しづつ写真を見る眼というものを養っていくことができたかと思います。
・4人がそれぞれに人との繋がりを持っていることで、展示の機会や、様々な出会いに恵まれたことも大きなものでした。
0805-04.jpg
第7回シメンソカ定例会at新宿にて

P1010592.jpg
シメンソカ合宿at山梨にて

【活動に足りなかったもの】
・自分たちで講評しあう機会は多かったものの、いざ他の作品に触れるとなると機会が十分でなかったと思います。
・やってみたいことのアイデアは多々ありましたが、実現できていないことも多く、また考えている活動内容の多さに比べて、定例会だけでは追いつかなくなってきていると感じます。

yamanashi-snap-8150233.jpg
シメンソカ合宿at山梨にて

527834_282806638497293_993737291_n.jpg
第9回シメンソカ定例会at代官山にて

【来年に向けて】
・インプットなくしてアウトプットもなし。
四人の中だけではインプットにも限りがあるため、より外に目を向けて展示や写真集を吸収し、作品の質を高めていきたいと思います。
・結成してから手探りの中で活動を続けてきましたが、2年目を迎え、より目標や方向を定めて、メンバー全体を高めあっていきたいと思います。
534641_300164473428176_1362531041_n.jpg
第10回シメンソカ定例会at八王子にて

明日は松崎ヒロノブの『2012年シメンソカ』を掲載します。
お楽しみに


write:Hironobu Matsuzaki/photo:Iwao Yano KaoRin Ohka Tsubakihara/editor Ohka Tsubakihara 
2012.12.28
コメント記入欄