shimetalk400.jpg

前回お知らせしましたが、シメトーーク2回目のゲストは一色卓丸さんです。卓丸さんの写真集「原宿ストリートポートレート (玄光社MOOK)」の裏話等を中心にシメンソカメンバーの写真品評などトーークしました。
taku-11.jpg

目次
一色卓丸写真集についての質問
・原宿で撮影すること
・気に入っている写真 …etc.

シメンソカメンバー品評会
・矢野巌
・KaoRin



・どうして原宿で撮影しているのですか?

渋谷、新宿や六本木などでも撮ったことはあるよ。カメラを始めたころはけっこう銀座に行ってたの。歩行者天国あるし、撮りやすいから。でも、銀座は妙齢の方ばかりで若い子はあまりいないし、銀座の街の雰囲気がどこで撮っても同じに感じてね。だからちょっと飽きちゃった。渋谷も面白いんだけど、やっぱり人が多すぎるんだよね。撮り始めたころから、撮影場所は絞ったほうがのちのち有利だなって思 いはあったの。やっぱり原宿は世界的にも名前が通じるし、渋谷は知らない人はいるかもしれないけど、原宿はみんな知っているから。それだったら原宿というブランドを活かしたほうがいいんだろうな、って、直感があったからかな。

taku-04.jpg

・3000人以上撮影しているなかで、いちばん気に入ってる写真はどれですか?

いっぱいあるんだけど、どれだろうな…本にも書いてるんだけど、撮るきっかけになった女性がいて。それまでは、けっこうおじさんとか撮ってたのね。若い子はちょっと怖いなと思ってたの。ああ、おじさんって言っても外人のおじさんね。で、そのうち若い子も撮り始め たんだけど、撮り始めた最初か2、3回目だったと思う、なんか良いファッションしてる子がいて、自分でもこういう写真撮れるんだって。それがきっかけで、なんか若い子を撮ることにハマっていった感じかな。どれがいちばん気に入ってるってのはないんだけど、その子のことは結構覚えているよね。

taku-07.jpg

・原宿で撮影されるときは、何時から何時ごろまで撮られてるんですか? 食事などは?

ベストで言うと11時から4時くらいかな。お昼ご飯はだいたいファミマで食べながら、被写体が通ったらすぐに行ける態勢で。夏はカフェなどに入らないと脱水症状になっちゃうから入るけど、そこで食べてるとさ、うわーいい子通ったーってなることも。相手がね、動いているものだからさ、常にね。




《矢野巌の写真についての品評》
taku-yano01.jpg
矢野君の写真の場合、タイトルだよね! 僕も考えたんだけど、これ漫才っぽいなって。
すごい面白い写真で、ブログのもそうだけど、タイトルと相まってさらに面白いよね。
スナップはいっぱい撮り方あるんだけどさ、この一瞬前はこんな表情してないよね? そのときからカメラを構えてるの? そうか、やっぱり同じだ。僕も外人さんが何かしそうな時はカメラ構えてる。スナップってそういうところあるよね。
taku-03.jpg


《KaoRinの写真についての品評》
taku-kao02.jpg
これ見たときは(注釈:2枚目)女の人が足くねってるように見えた。おっぱい? それは見えなかったけど、これが、足だよね。よくさ、風景撮ってるひとにポートレート難しいですよねって言われるけど、僕からすると、風景の方が全然難しい。
taku-06.jpg

まだまだ続く一色卓丸さんへのシメトーーク、次回(後半)は原宿ストリートポートレートの質問への続きと、シメンソカメンバーへの品評(松崎ヒロノブ&椿原桜果)です。お楽しみください。
taku-16.jpg

一色卓丸web-site
原宿ストレートポートレート (玄光社MOOK)

photo 矢野巌、松崎ヒロノブ、KaoRin、椿原桜果 / special thanks guest 一色卓丸 / write 椿原桜果 / blog editor 椿原桜果

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
2017.07.18
コメント記入欄