前回の定例会レポートでソールライター展にみんなで行って来たと書きましたが、今回はそのソールライター展を見たそれぞれのレビューを掲載します。最後は椿原桜果のソールライター展レビューです。
saul-oh.jpg

ソールライター展に行って来ました。
構図がどれもかっこいい、そして、色もかっこいい、日常をさりげなく撮ってるところもいい、もろ好み

というのが見終わった当初の私の感想。
普段ならここで終わるんだけど今回はレビューしなくちゃいけないのでもう少し長く考えてみますw

ソールライター、もともと1950年代のファッションカメラマンで第一線で活躍していたのに、一回姿を消し1980年代に入って再度注目が集まったといった写真家。ファッションカメラマン以降何を撮っていたかといえば自分の生活空間、何気ない日常をソールライター独特の大胆な構図と切り取り方で魅力的な写真を撮っていて今回の展示ではその両方(商業的ファッションフォトとニューヨークの日常フォト)を展示しておりました。

私自身が人の生活や日常を撮りたいと思っているので、私が惹かれたのは後期のニューヨークの街の日々を撮った写真。面白い事に日常を撮っていたのに人の生活を撮ってた印象はあまり残ってなく、ニューヨークという“街”の日常を撮った印象の方が強いんですね。生活や日常を撮るというのは、人の生活を撮るものだ、となんとなく思ていた私にとっては街の日常があるんだ〜とその部分が新鮮な発見でした。

ソールライターは写真以上にステキな言葉を残していて展示を見ながら胸にズキューーンとくる言葉ばかり。

“見るものすべてが写真になる”

“写真家からの贈り物は、日常で見逃されている美を時折提示することだ。”

“人間の背中は正面よりも多くのものを私に語ってくれる。”

“私が写真を撮るのは自宅の周囲だ。神秘的なことは馴染み深い場所で起きると思っている。なにも、世界の裏側まで行く必要はないんだ”

日々の些細な事でもどう見るかで色んな表情が変わって来るよね。なんてすばらしい〜…と思いつつも天の邪鬼な私はニューヨークという建物ひとつ取ってもオシャレにデザインされいいる場所が自宅の周辺にあったから神秘的な事が起こっていたんじゃないの?などちょっとよこしまな考えで見てた部分もw…まぁ、多分ですがソールライターが私の近所の八王子を撮っても神秘的な写真が撮れたとは思うのですけどね。

まぁ、そこは置いておいても大胆な構図、色に注目した撮り方、日常などすべてかっこよく、そして単純に私の好きな写真が多い展示でした。観にいってよかったです。

あ、でも残念だったものがもう1点。
猫をずっと飼っていたとの事ですが…名前はレモン、そこまでわかってるのにレモンの写真がなかったこと。どんな猫と暮らしていたのかを見たかったな(笑)

椿原桜果

saulleiter-00.jpg

photo 椿原桜果/ word 椿原桜果/ blog editor 椿原桜果
2017.07.10
コメント記入欄