まずは人物紹介。

T3 PHOTOFESTIVALで講演とレビュワーを務めたNicolas janowski氏は、地球の裏側アルゼンチンから来日しました。文化人類学者として時おり大学での教鞭を取りながら、 国際的なコンペで多くの賞を受賞し、多くのキュレーションも手掛けています。
http://nicolasjanowski.net/Home/

そんな重厚な実績とは裏腹に、非常に腰が低くマイルドな人柄の彼。T3会期中の滞在先として、なんと矢野巌の家に数日間ホームステイしていました!矢野巌は仕事を休み、一日をかけて東京を案内。 なんと、ワタリウムで坂本龍一の展示を見たいと言い出す博識ぶりに驚きつつ、 秋葉原や明治神宮など案内しました。
170624-01.jpg

夜はシメンソカの仲間と一緒に、彼をジャパニーズスタイル居酒屋へ招待しようということに。 当初はシメンソカ全員で…とスケジュールを立てていたのですが、日程が変わってしまったことで泣く泣く椿原桜果は仕事で欠席…矢野巌、KaoRin、松崎ヒロノブの3人で参加です。
170624-02.jpg

矢野巌が驚きの英語力を披露し、KaoRinがかおりんランゲージで話すなか、松崎ヒロノブは受験英語が役に立たず及び腰(笑)。それでも三者三様に話しかけ、少しでも何かを得ようと奮戦しました。初めてきた日本の話やニコラス氏の作品の話、とてもキュートな娘さんの話で盛り上がり、さらには作品やブックなどの意見交換にも花が咲き…(言語の壁のもどかしさに四苦八苦…)。
170624-03.jpg

ニコラス氏の内面を見通すような目を見ながら、どうにか伝えようと珍しく身振りをつけて話す松崎ヒロノブ。KaoRinは携帯で一生懸命英単語を検索しています。単語をひとつずつ拾い、ヒントの言葉をしっかりと胸に刻みました。

あっという間に時間は経ち、解散です。重い荷物を持ち、1日中観光されていたので多少の疲労感はあるものの、そのタフさには驚かされました。
170624-04.jpg

良い出会いをありがとうございました。また会える日を楽しみにしている3人でした。


word 松崎ヒロノブ・矢野巌 / photo 矢野巌・KaoRin・松崎ヒロノブ/ blog editor 椿原桜果

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
2017.06.04
コメント記入欄