今回、搬入から3日目の2月27日までの3日間の御苗場レポートを松崎ヒロノブが書きました。



実は、単身で展示に臨むのは今回が初めてというヘタレな自分なので、まずは用意を周到にしようと買い物に明け暮れる。余ったとしても次回何らかの展示で使えるため、予算は気にせず新宿を徘徊。買い物時はシメンソカメンバーの矢野に同行してもらい、死角をなくす。さらには深夜のハレパネとの格闘、寝ずに作るブックなど社会人にあるまじき行為を繰り返し、御苗場へ向けての用意を進める。そして搬入当日を迎える。


当然、シメンソカ不器用担当の自分は大苦戦。写真教室で一緒だった友人も出展しており、手伝おうか?と言われノータイムでお願いする。トンカントンカン、トンカンカン。何とか完成し、胸をなで下ろす。
20160227-01.jpg

正直、万人受けする写真ではなく、足を止めてくれるひとは少ない。けれど、止めてくれた方はいろいろなコメントをして頂き、それらはとても勉強になることばかり。心から感謝を。
※写真は津田征治さんにコメントを頂いているところです。
20160227-02.jpg

写真に酔ったときにもらったエスプレッソ(?)コーヒー。これだけの出展者がいて、その想い、写真のパワーがブースから放射されており、それを正面から受けて、メンタルが上がったり下がったり。
時間は毎日あっと言う間に過ぎ、そこから何かを得ようと足掻こう、と心に決めていたが、なかなか難しく…。それでも、自分はここにいて、参加してよかったと思う。仕事やプライベートに押されて凹んだ写真という枠組みが、蘇生していくのを感じた。
20160227-03.jpg

明日は御苗場最終日のレポート(1)です。シメンソカ定例会にしたのでメンバー全員が揃っております。そして長編レポートになってます。

write 松崎ヒロノブ photo 矢野巌・松崎ヒロノブ / blog editor 椿原桜果

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
2016.03.12
コメント記入欄