シメンソカメンバー4人がそれぞれセレクトした写真集のレビューをしています。3回目はKaoRinセレクトの写真集『NO TRAVEL, NO LIFE』です。



『NO TRAVEL, NO LIFE』須田誠


2007年:発行 A-Works

20160217kaorin200.jpg

私が選んだ写真集はこれです。
普段、写真集をあまり買うことがないのですがこれは2013年に通った須田誠ワークショップの教材として手に入れました。

もともと、海外の写真や子どもの写ってる写真は好きでしたが誠さんと出逢ってワークショップの内容が私にはピッタリと感じたのでこの写真集は本当に買えて良かったと思っています。


34歳で(今の私の歳と同じだ!)サラリーマンを辞めて世界を2年間に渡り旅した誠さん。
カメラは旅の途中で手に入れて独学だそうです。旅の写真というと景色が多いイメージですが誠さんは人物写真が多いです。しかも、距離感が独特。だいたいが、近いのです!!!
その被写体の目を見て撮ったのだろうなぁと思います。ページをめくる度に写ってる人と目が合います。その距離にはシャッターを押す前後どんなやりとりがあったのかな?と想像するのが面白いです。

写真と織り交ぜながら誠さんの言葉たちもスッと入ってきます。簡単にわかりやすくストレートな言葉、ん?と1回では意味がわからなくて何度も反芻して読む言葉…。
その土地に行ったこともなければどんな土地なのかもわからないのに写真と言葉を見ていると何故だかキュッとなる。私は何度も泣きそうになりました。その国その国の物語の超短編を読んでる感じです。写真を見てこんなに胸がキュッとなるなんてこと今までなかった。

そして、きっちりカメラのことを学んできっちりと撮られた写真よりもその瞬間を切り撮れた運や出逢いを集められる力を感じられる写真が良いと思います。例え、ブレ(?)てたってそんなこと気にならいくらいとても良い瞬間や面白い瞬間がぎゅっと綴じられてます。これはどんなにカメラのこと学んだって真似できないことだと思います。それをその人のセンスというのかな?

私にはこの写真集をどんなに良いと思っても影響受けて よし!自分も世界中に旅に行こう!…と思うほどのバネがないのだけど、影響受けて旅に行きたくなる人はたくさんいるはず。いつかいつか…私も行きたいなぁと漠然とは思います。(実際に旅に行く人はここで、じゃあいつ行こうかと考える人!) 写真集を見て同じ場所を巡っても決して同じように撮れないこともわかってる。
でも私が旅に出たらどんな写真が撮れるかな?と考えるとワクワクして旅に出てみたいとイメージしたりはしてみたことがありました。写真集に影響を受けたというよりかは自分が好き!と感じる写真ばかりだし言葉も読んでると泣きそうになる、こういう世界があるのだなぁと知ることができたことも嬉しいです。
そして、先にも書きましたが “私にはどんな写真が撮れるのかな”と思えたことがこの写真集と出逢えたおかげであり、写真への意欲、興味にも繋がっているように思っています。

人によってはこれは自己啓発本(笑)の類いですねと言われるかもしれないけれど誠さんの写真集は決して世の中で自己啓発本と言われている物とは違うと思っています。それは写真集として写真が素敵だから、写真の魅力が半端ないから、さらに言葉が自然だから…だと私は思います。
なので自己啓発本が好きな人には物足りないかもしれませんね。旅好き、音楽好きの人にはぜひ手にとって欲しい写真集です。まとまりませんが以上が私の大切な写真集のレビューとなります。長くなりましたが最後まで読んでくださりありがとうございました!!

KaoRin

■A-Works
■amazon

reviewer KaoRin / blog editor 椿原桜果

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
2016.02.27
コメント記入欄