シメンソカメンバー4人がそれぞれセレクトした写真集のレビューをしています。2回目は松崎ヒロノブセレクトの写真集『The Folk』です。



『The Folk』西村裕介


2015年:発行 リトル・モア

20160217matsu200.jpg

レビューにつながる、少し恥ずかしい自分語り。

学生のころ、民俗学的なものに心惹かれ、それから講義を受けたり書物を漁っていた時期がある。オカルトで済まさず、その話の裏にある舞台背景など調べ考えていた。

いまでもその手の話は好物だが、根本にある興味はどこから始まったのかと思い返してみると、意外なところに辿り着いた。

柳田? 違う。
折口? 違う。

水木でも星野でも荒俣でもラヴクラフトでもなく……なんと、その源流はスーパーファミコンにあった。

『真・女神転生』というゲームをご存知だろうか?

実生活にジワジワと迫る違和感、超常なものに翻弄される主人公…。

このゲームから民俗学に興味を示し始めたという、少し恥ずかしい思い出。きっかけというものは、どこに転がっているのかわからないものだ。

さて、その学生のころに出会っていたら狂喜していただろう写真集が本書である。

土地ごとの祭事で行われる舞、踊り、行列など、その演者たちが集められている。

出で立ち、所作にはすべて意味があり、それを捉えるべく、黒幕を張りそこでじっくりと撮影されているのだ。

素晴らしい。英断である。祭事最中でのスナップでも雰囲気は伝わるだろうが、背景が黒幕での撮影はその異形感、特異性、精神性を際立たせることに成功している。

実際の祭事内容との乖離の懸念もあるが、それでもお国柄である閉鎖された地域性、そこから生まれた多種多様の無形文化、その一端に触れられる素晴らしい一冊である。
松崎ヒロノブ

■リトルモア
■amazon

reviewer 松崎ヒロノブ / blog editor 椿原桜果

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
2016.02.22
コメント記入欄