矢野巌からの投稿です。
_______

先日に参加した【うつゆみこWS】第1回猫騙し写真会に引き続き、うつゆみこさんのWSへ再び参加した。

前回のミニチュアや本を使った写真とは異なり、なんとセルフポートレート!
自宅兼教室の近くが日暮里繊維街ということで、そこで各自が布を用意し、
その布を使って貫頭衣やら遊びながら撮り合おうという企画。

・今回の参加者は3名
・1-2mの布を各自3種、マスクなど若干の小物類あり
・撮影地は荒川土手
・撮影は昼と夜にそれぞれ

まずは教室で、イメージを膨らましながら布を選ぶ。
普段は身にまとう前提で布を選ぶことはないので、これが非常に難しかった。
結局各自の分では足らず、大量の布コレクションの中から何枚も素敵な布を貸して頂いた。

そして荒川土手へ。
貫頭衣など3人とも初めてな訳で、悪戦苦闘しながらも巻いていくとアラ不思議。
意外と形になっていく。
こんな時に女性は苦もなく出来てしまうのだから面白い。

150508-01.jpg


意外だったのが土手という場所。
砂利、草むら、木、橋の下、土手、道路、猫、
半径50メートル以内でも実に豊かなロケーションが存在している。
あそこがいい、ここがいいと場所を探しては撮る。
花をくわえたり、
草むらに突撃したり、
地面と同化したり、
木々と語り合ったり、
土手を転げ落ちたり、

150508-02.jpg

150508-03.jpg

150508-04.jpg

150508-05.jpg

3人が暴走している中でも、背中に愛娘を搭載し、レフ板と三脚を担ぎながら
冷静に反 射光やら露出を常に見ていて下さるので、安心していられる。
それぞれがモデルになりつつ撮り合うと、時間は幾らあっても足りない。

あっという間に日が暮れてしまい、ひとまず教室へ撤収。
手作りの暖かな夕飯に涙を流したところで、夜の荒川へ再出発。

150508-06.jpg


昼とは違った表情を見せる土手に、我々も表情を変える。

150508-07.jpg

150508-08.jpg


暴走を繰り広げる我々を横目に、やはり露光や、周囲の危険などに気を配ってくださるので、
安心して暗闇を楽しむことができた。
ビジュアル的な着地点はともかく、、普段やらないことを楽しむという点では、
3人とも心ゆくまで楽しんだWSだったのではなかろうか。< /div>

うつゆみこBLOG『うつゆみこの日々のこまごま2

***

ポトレ的な作品はこちら↓。

150508-09.jpg

150508-10.jpg

150508-11.jpg

150508-12.jpg

150508-13.jpg

150508-14.jpg



photo 矢野巌 / write 矢野巌 / blog editor 椿原桜果

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
2015.05.09
コメント記入欄