年末恒例ブログ企画『2013年を振り返って』1回目は矢野巌です。


矢野巌が選ぶ2013年の写真
naguri-02.jpg

年月の流れは早いもので、気がつけばシメンソカとしての活動も丸二年。

初期衝動のままに突き進んだ昨年をファーストアルバムと例えるなら、
今年は模索のセカンドアルバム。

月一回の定例会も単に撮って見せ合うだけでなく、今年はシメンソカ内実験的ワークショップを実施し、
一人一人がテーマを持ったプレーヤーとして活躍できる基礎作りを進めた。
自分で責任を持ってワークショップを行うことで必然的に学ぶことと、突き詰めて考え直すこと。
他人のワークショップに参加することで、自分の尺度ではない考えに身を浸すこと。
これらが自身の写真を振り返る上で非常に大きな糧となったのではないかと思う。


また、年の最後に初グループ展を開催したこと。
日頃からブログ上では活動内容を報告していたものの、いざ展示となった場合にはどうだろう?
見掛け倒しのハリボテになってしまわないかが不安であったが、
展示としてはひとまずの成功を収め、皆様に改めてシメンソカを知って頂くことができた。
作品は人に見せて初めて作品として成立する。
あれだけの観客に見ていただき、生の声を頂けたのは掛け替えのない経験として今後に活きてくるはず。

また、もう一つ展示の成果として感じていることがある。
それはメンバー同士のこと。
たとえ準備や展示で色々アクシデントがあろうとも、何も言わずフォローし合う。
展示中も、特に申し合わせるでもなく同じ姿勢で観客に接する。
ある意味で二年間の最も大きな成果は、ここなのではないだろうか。


こうして写真集団でもあり、良き仲間でもいてくれる他メンバーへの感謝を、
個人的な一年の締め括りとさせていただきたい。

onaeba30-011.jpg

20130421-03.jpg

20130804-P8040131.jpg


write Iwao Yano / photo: Iwao Yano Shimensoka / blog editor Ohka Tsubakihara


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

2013.12.28
コメント記入欄