ヤブレカブレ展の展示紹介&コメント、2回目は松崎ヒロノブです。どこかでインタビューを受けた様子…(笑)

松崎ヒロノブ / strange Trip
yabu-matsu03.jpg

yabu-matsu01.jpg

yabu-matsu02.jpg

ーーーまずは写真集団シメンソカのグループ初展示、おめでとうございます。盛況のうちに幕を閉じたとか。

松崎:ありがとうございます。ひとえにご足労頂きました皆様のおかげだと思っています。心の底から御礼申し上げます。

ーーーほとんど人影が途切れることがなかったとか?

松崎:ええ、場所柄や日時など、うまい具合にはまったのかな、と。もちろん、私たちの活動を見ていてくださった皆様と、仕事の忙しかった私の代わりに色々動いてくれたメンバーのチカラがあったからこそですが。頭が上がりませんね(笑)。

ーーーなるほど。それでは、準備期間でのエピソードなどありましたらお聞かせください。

松崎:たくさんありますよ(笑)。でも、今回いちばん焦ったのは、プリントでした。データのミスなどで、都合三回も出力をしにでかけたんです。展示をする週にまでかかり、それこそ冷や汗ものでした。今回ほどプリンタの重要性を感じたことはなかったですね。メンバーに、いい加減買いなさいと怒られました(笑)。

ーーー松崎さんらしいというか、ギリギリ好きなエピソードですね(笑)。では、開催してからの感想や反省などありましたらお願いします。

松崎:いちばん驚いたのは、ご来場された皆様が展示作品だけでなく、ブックやポートフォリオを一冊一冊丁寧に見て、感想叱咤激励を直接ないしアンケートで頂けたことです。滞在してくれている時間が長く、これは驚くべき、そしてとても嬉しい誤算でした。会場が部屋的に少し手狭なところがあったため、椅子など足りず、皆様にはご迷惑をおかけしてしまったこと、お詫び申し上げます。また、先に来られていた方と話し込んでしまい、後から来られた方の対応がおざなりになってしまったところが、仕方ないにせよ大きな反省点と思っています。クラシックに、ストイックに、博物館の学芸員のように決めよう! と身だしなみを揃え臨んだ展示でしたが、始まると写真について熱く語ったりと、コンセプトはそっちのけになってしまいました(笑)。

ーーーなるほど。スーツに腕章をされていたのはそういう訳でしたか。では最後に、ご来場者皆様へのメッセージをどうぞ。

松崎:本当に、本当に、私どもシメンソカのために来て頂き、まことにありがとうございました。ここまでの動員があるとは想定しておらず、感謝の気持ちでいっぱいです。頂きましたアンケートは宝物で、今後飛躍するための肥やしとしてゆっくりと咀嚼していくつもりです。展示をしてよかった…心の底からそう思っています。そう思わせてくれた皆様に、凝縮した感謝の念を送っておきましたので、どうぞお納めください(笑)。何度も繰り返しになってしまいますが、来て頂き、ありがとうございました!!!

ーーー以上、感涙に咽ぶ松崎さんへのインタヴューでした。

シメンソカ 松崎ヒロノブ

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
2013.12.13
コメント記入欄