前回の定例会レポートでソールライター展にみんなで行って来たと書きましたが、今回はそのソールライター展を見たそれぞれのレビューを掲載します。まずは矢野巌のソールライター展レビューです。

saul-ya.jpg

彼の作品にはラルティーグのような明るさもなければ、ブレッソンのユーモアもない。
しかし写真特有の艶っぽい光沢に絵筆の息遣いがある。
荒い呼吸ではないが、決して呼吸をやめない強い息遣いが。
それは必然で、もともと彼は生涯を通じ絵筆を動かし続けた人なのだ。

では、彼にとって写真とは何だったのだろうか。
彼は1950年代のファッション写真業界で時代の寵児となりながらも、
そこでの1年よりもボナールのデッサン1枚の方が価値があると嘯いたという。
華やかなファッションの一線を退いてからの生活は、隠遁と呼ぶにふさわしい。

絵を志して生家を飛び出し、
糊口を凌ぐためにと生業にした写真で図らずも名声を得たのち、
世を避けて絵を描き 続けながらも、図らずもまた写真で脚光を浴びる。
なんという運命の皮肉だろう。
嬉しくなかった筈はない、しかしそれを認めることは自尊心が許すまい。

多くの偉人が語りがちな普遍的真理や哲学というよりは、
独白に近い言葉の数々からは、写真に対する衝動と同時に屈折した自意識が滲み出る。
名声とチャンスを掴むことを半ば意識的に避け続けたことを自認しつつ、
描くことも撮ることもやめないでいた日々には、NYの雪のように積もる想いがあったに違いない。

自身も写真の才能は自覚していた筈で
もしも先に絵で認められ、後から写真で認められていたならば、
きっと彼は多くの偉人たちと同じように、我々に向けて大きな言葉で語りかけただろう。

bukamuraでの展示 を眺めながら、僕の脳裏にはカフカが幾度となく浮かんだ。
人並み外れた才を持ちながら、本人もそれを自覚しながら、
作品が世に出ることを誰よりも渇望しながら、死後には作品を全て焼却するようにと遺言したカフカが。

彼はカフカのように多くの言葉を持っていない。
しかし写真の行間からは低い、呟くような声が途切れがちに絶えることなく語りかけてくるのである。

繰り返し作品に登場する鮮やかな傘。
モノトーンの世界の中で鮮烈な色を放つ傘。
下を向きそうな時、世界が灰色になりそうな中で、
時おり色彩を見つけては愛おしみ、救いとしたのではないだろうか。

写真は彼にとって苦しみでもあり、救いでもあったに違いない。

矢野巌

※今回、bunkamura『ニューヨーク が生んだ伝説 写真家 ソール・ライター展』
 コーディネーターである佐藤正子さんより、展示へのご招待をいただきました。
 そのご厚意と素晴らしい展示に深く感謝いたします。

saulleiter-00.jpg

photo 椿原桜果/ word 矢野巌/ blog editor 椿原桜果
2017.06.28
前回のシメンソカ定例会レポートでは「次回は卓丸さんをお迎えしての定例会レポートです」と予告していましたが、もっか作成中なのでそこはまた後日にアップします。今回は1ヶ月進んで6月に行った定例会レポートです。この日はソールライター展をみんなで見て来たのでその模様になります。

まずは渋谷のハチ公近くの宝くじ売り場で待ち合わせ。カメラを構えて来た矢野巌。
170611-01.jpg

その矢野巌が撮ってたのがこの写真。矢野巌は毎回ファーストショットを撮ってるのでこちらもわかっている!ということでポーズしてますw
170611-02.jpg

まずはお腹空いたね〜ラーメンでも食べようか、と渋谷の駅前をうろうろ。
170611-04.jpg

結局、福岡出身矢野巌が「故郷の味に近い」」と推している博多天神へ
170611-05.jpg

基本のラーメン、これで500円。なのに替え玉1玉まで無料でお代わりできます。なんというCP最高!そして矢野巌にとっては懐かしの味最高!
170611-06.jpg

ラーメンをちゃちゃっと食べたので目的地のソールライター展へ向かいます…と、道すがら格安チケットが売ってたので購入しました。
170611-07.jpg

ソールライター展のチケットではなく、株主優待券でした。
170611-08.jpg

ポスターを見てテンション上げてる一同。
170611-09.jpg

中に入る前に、みんなで撮っておこうと久し振りに自撮り棒を取り出しましたよ(笑)
170611-10.jpg

4人でパチリ
170611-11.jpg

ここからがっつりソールライター展を見て数時間後。アンケートにも答えて、それぞれがソールライター本も購入してメインが終わりました。それぞれのソールライターレビューを書いたので次回からUPしていきます。そちらもご覧下さいね。
170611-12.jpg

ミュージアムカフェも見学
170611-14.jpg
170611-13.jpg

時間は早いけれど、話し合う事があったので近くのイタリアンのお店に入り…
170611-16.jpg

話し合いしたのですが、誰も居ず、誰も来ず、貸し切り状態でした。ラッキー
170611-17.jpg

ところで、この日は会った時から松崎ヒロノブが手にしていたもの。それはハンドスピナー
170611-03.jpg

常にくるくる回していて他のメンバーも回したりしましたが…
170611-15.jpg

それが定例会途中で音が悪くなり新しいのを見ようとMEGAドン・キホーテへ。
170611-18.jpg

好みのハンドスピナーがなかったので松崎ヒロノブは未購入のまま、そして外の水槽を撮ってる椿原桜果。
170611-19.jpg

まだ明るかったので渋谷の街を撮ったり
170611-20.jpg

フライングタイガーで買い物したり
170611-21.jpg

サングラスをかけてみたりw
170611-22.jpg

そんな感じで渋ぷらしていて夜になりまして、新規開拓しようかと新しい店に入ってみました。
170611-23.jpg

乾杯!したんだけど、松崎ヒロノブの注文したジンジャーハイボールのピート臭が強くて本人飲めず(KaoRinが飲んだよ)
170611-24.jpg

なんとなく微妙な店でしたが、お会計も格安でした。
170611-26.jpg

あ、ここでもハンドスピナー回しています。
170611-25.jpg

そんな感じで解散となりました。
170611-28.jpg

次回からはシメンソカ的ソールライター展レビューをします。
お楽しみください。

photo 矢野巌、KaoRin、椿原桜果 / write 椿原桜果 / blog editor 椿原桜果

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
2017.06.24
5月の月イイ!写真を発表します。椿原桜果が5月に撮った中でコレイイ!と思ったのはコレ。

2017年5月/椿原桜果の月イイ!
2017tsukiii-oh.jpg

月(つき)イイ!写真とは
2017年シチテンバットウ(写真集団シメンソカBLOG)の通し企画。1月〜12月にそれぞれ撮った月の中で『いい!』と思った写真を1枚選んで翌月に掲載するという企画。


photo 椿原桜果/ blog editor 椿原桜果
2017.06.22
5月の月イイ!写真を発表します。KaoRinが5月に撮った中でコレイイ!と思ったのはコレ。

2017年5月/KaoRinの月イイ!
2017tsukiii-ka.jpg

月(つき)イイ!写真とは
2017年シチテンバットウ(写真集団シメンソカBLOG)の通し企画。1月〜12月にそれぞれ撮った月の中で『いい!』と思った写真を1枚選んで翌月に掲載するという企画。


photo KaoRin/ blog editor 椿原桜果
2017.06.20
5月の月イイ!写真を発表します。松崎ヒロノブが5月に撮った中でコレイイ!と思ったのはコレ。

2017年5月/松崎ヒロノブの月イイ!
2017tsukiii-ma.jpg


月(つき)イイ!写真とは
2017年シチテンバットウ(写真集団シメンソカBLOG)の通し企画。1月〜12月にそれぞれ撮った月の中で『いい!』と思った写真を1枚選んで翌月に掲載するという企画。


photo 松崎ヒロノブ/ blog editor 椿原桜果
2017.06.18
5月の月イイ!写真を発表します。矢野巌が5月に撮った中でコレイイ!と思ったのはコレ。

2017年5月/矢野巌の月イイ!
2017tsukiii5-ya.jpg

月(つき)イイ!写真とは
2017年シチテンバットウ(写真集団シメンソカBLOG)の通し企画。1月〜12月にそれぞれ撮った月の中で『いい!』と思った写真を1枚選んで翌月に掲載するという企画。


photo 矢野巌/ blog editor 椿原桜果

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
2017.06.16
まずは人物紹介。

T3 PHOTOFESTIVALで講演とレビュワーを務めたNicolas janowski氏は、地球の裏側アルゼンチンから来日しました。文化人類学者として時おり大学での教鞭を取りながら、 国際的なコンペで多くの賞を受賞し、多くのキュレーションも手掛けています。
http://nicolasjanowski.net/Home/

そんな重厚な実績とは裏腹に、非常に腰が低くマイルドな人柄の彼。T3会期中の滞在先として、なんと矢野巌の家に数日間ホームステイしていました!矢野巌は仕事を休み、一日をかけて東京を案内。 なんと、ワタリウムで坂本龍一の展示を見たいと言い出す博識ぶりに驚きつつ、 秋葉原や明治神宮など案内しました。
170624-01.jpg

夜はシメンソカの仲間と一緒に、彼をジャパニーズスタイル居酒屋へ招待しようということに。 当初はシメンソカ全員で…とスケジュールを立てていたのですが、日程が変わってしまったことで泣く泣く椿原桜果は仕事で欠席…矢野巌、KaoRin、松崎ヒロノブの3人で参加です。
170624-02.jpg

矢野巌が驚きの英語力を披露し、KaoRinがかおりんランゲージで話すなか、松崎ヒロノブは受験英語が役に立たず及び腰(笑)。それでも三者三様に話しかけ、少しでも何かを得ようと奮戦しました。初めてきた日本の話やニコラス氏の作品の話、とてもキュートな娘さんの話で盛り上がり、さらには作品やブックなどの意見交換にも花が咲き…(言語の壁のもどかしさに四苦八苦…)。
170624-03.jpg

ニコラス氏の内面を見通すような目を見ながら、どうにか伝えようと珍しく身振りをつけて話す松崎ヒロノブ。KaoRinは携帯で一生懸命英単語を検索しています。単語をひとつずつ拾い、ヒントの言葉をしっかりと胸に刻みました。

あっという間に時間は経ち、解散です。重い荷物を持ち、1日中観光されていたので多少の疲労感はあるものの、そのタフさには驚かされました。
170624-04.jpg

良い出会いをありがとうございました。また会える日を楽しみにしている3人でした。


word 松崎ヒロノブ・矢野巌 / photo 矢野巌・KaoRin・松崎ヒロノブ/ blog editor 椿原桜果

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
2017.06.04
4月の月イイ!写真を発表します。椿原桜果が4月に撮った中でコレイイ!と思ったのはコレ。

2017年4月/椿原桜果の月イイ!
20170510-201704ii-ohka.jpg


月(つき)イイ!写真とは
2017年シチテンバットウ(写真集団シメンソカBLOG)の通し企画。1月〜12月にそれぞれ撮った月の中で『いい!』と思った写真を1枚選んで翌月に掲載するという企画。


photo 椿原桜果/ blog editor 椿原桜果

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
2017.06.02
 | HOME |