年末恒例ブログ企画『2013年を振り返って』最後は椿原桜果です。


椿原桜果が選ぶ2013年の写真
ベトナムの犬
13shime01.jpg

八王子の犬
13shime02.jpg

カンボジアの犬
13shime04.jpg

今年はベトナムとカンボジアと八王子に助けられた年でした。なので今年の写真がベトナムと八王子とカンボジアで撮った犬の写真です。それぞれ『犬』つながりで2013年の写真を決めたんだけど、それぞれどれも全然違っていて、かつ思い出深い犬たちです。カンボジアの犬は、大きな家の門のところにはめ込んであったパネルなのですが、ここは何か犬の施設だったのか、ただの犬好きなお金持ちが犬好き過ぎて門に写真を飾ってしまってるのかはわからないままです(;^-^)


2013年…12月になって振り返ってみると写真関係でとても充実した1年になりました。
2013年が始まったばかりの時は御苗場出展が決まってるもののそれだけだったので、御苗場の後はゆっくりのんびり撮れたらいいな〜と思ってたんです。それが、ナダール東京の企画のphototalkに参加した事によって違うメンバーと6月に展示をして、その頃にシメンソカとしてグループ展を開こうと企画が出て来て12月のヤブレカブレ展、12月のバカ展にも出展して結局展示が4つ…結果、1年間に参加した展示数が一番多い年になりました。そしてその内2つは企画展に参加した訳ではなく、自分たちで企画したグループ展だったので、DM作成、告知&配布、レイアウト、テーマなどを自分たちで決めて実現させた展示でした。自分たちで企画するのは大変だけど得たものも大きくて充実できました。

ただもともとそんなに展示会に多く参加するタイプでもないし、なにより『私らしい写真って?』と毎回お馴染みこの悩みの迷宮から出れてないのでそんな私が展示しても…という気持ちもあるんだけど、ここでもうやぶれかぶれだ!と2013年で好きな場所で撮った写真でどれもこれも出展したら、悩みはまだまだあるけど展示をする度に悩みの深さからは上昇出来てる気がしてます。展示さまさまです。

そして4つの展示スタイルをすべて変えてみました。
御苗場は大きい出力のハレパネ。寫眞譚は木パネに紙を貼ってその上にパネル展示。ヤブレカブレは木製パネル張り。バカ展は額装。こうやって全部変えた事で、展示の見せ方の大切さを改めて把握出来たし、これからの展示に活かせれば…と思ってます。

2014年こそゆっくりのんびり撮れたらいいな〜と思ってるのですが、きっとまた展示を3つくらいするんじゃないかな?と思ってます。八王子LOVEでこれからも八王子を撮っていきたいと思ってるし、海外で沢山の色を見て撮りたい。ジャーナルを作る事がとても好きなので、今まで行った場所のジャーナルを作りたいと思ってるし、2014年は自分のブログを充実させたいと思ってます。『2014年はオシャレライフにするんだ〜♪』と先日の忘年会で宣言したら矢野と松崎に思い切り笑われましたが、これも来年の目標にしつつ…


2013年、いろいろありがとうございました。
本当に楽しい1年でした。
2014もよろしくお願いします。

椿原桜果


onaeba30-13.jpg

ya05.jpg

544494_489026904514523_1210144855_n.jpg




write Ohka Tsubakihara / photo: Ohka Tsubakihara Shimensoka / blog editor Ohka Tsubakihara


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
2013.12.31
年末恒例ブログ企画『2013年を振り返って』3回目はKaoRinです。


KaoRinが選ぶ2013年の写真
まさかの羊や山羊似の草食系顔だと気づく自分
13kaorin01.jpg

メンバーにありがとう!!
13kaorin02.jpg

このヒツジに出逢えてよかった!
13kaorin03.jpg



2013年を振り返ると個人的には展示にたくさん参加しました。年初めにメンバー四人揃って初めて御苗場に出展して年末にはヤブレカブレで締めくくりでした!!


展示をするということは作品を作るということで、人に見られるということを意識します。どう見せたいか、どう見られたい、何を感じてもらいたいのかとか今まで以上にいっぱい考えました!!

今までは、撮影は楽しい!そこから先はそれ以上あまりなかったけどこの一年はさらにそこから先の意識的な部分で成長が出来たのではと思っています。


気づき、考えることからまずは進む!!!それさえなければ何も変わらない。


定例会の撮影会はもちろん楽しかったですが話し合いや展示に向けてやプロデュースなどかなり真剣に積み重ねてきたと思います。正直、楽しいだけではなかったです!


この一年で自分がちょっとでも成長出来たと感じられてることが嬉しいのと、メンバーにはとても感謝です!!!

そして、いつもブログを読んでくれたり展示にも足を運んでくれたり見守ってくれている周りのみんなにありがとうございました!と伝えたいです。今後も見守っていてくださいね!!今後もよろしくお願いします(๑′ᴗ‵๑)


KaoRin


130505-04.jpg

shime0602-01.jpg

0901-13.jpg




write KaoRin / photo: KaoRin Shimensoka / blog editor Ohka Tsubakihara


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
2013.12.30
年末恒例ブログ企画『2013年を振り返って』2回目は松崎ヒロノブです。


松崎ヒロノブが選ぶ2013年の写真
779492033244.jpg

779492579130.jpg

「今思い返すと、2013年という年は、私にとってとても大きな意味を持っていた」、と、後々のインタビューで語ることが出来るほどのターニングポイントであり、ポイントオブノーリターンであった2013年。

今年はそれだけの変化がありました。主に内面と体型ですかね?(笑)
後者には言及せず、前者について話すと、

『二つの展示を経て、写真に対する距離が変わった』

コレです。御苗場とシメンソカ展示ヤブレカブレは、私に変革をもたらしました。
今までは散漫と撮影し、その中からチョイスするようなスタイルだったのですが(もちろん今もその名残はありますが)、撮りたいものを前提とした狩猟スタイルに変化していったのは、もしかすると仕事が忙しくなり、撮影に使える時間が激減してしまったことも要因にあがるかもしれません。
スタイルの変化は思考をも巻き込み、何をどう撮りたいのか、自分の写真とは何なのか、自問自答を繰り返し、悩み、その過程はそれぞれの展示で表れていたと思っています(そう思いたい笑)。未だ安全圏からの撮影かもしれませんが、その距離はつめられたかな、と自負しております。

そして、ここまで写真と向き合うように導いてくれたのは、写真集団シメンソカでした。

絶妙の手綱捌きで、クリティカルにケツを叩いてくれる矢野氏。
弾ける元気と新しい視点を見せてくれるKaoRin。
縁の下の力持ち、ブログなどシメンソカを支えてくれる桜果さん。

メンバーみんながいたからこそ、今の私が構成されました。ありがとう。

今年一年、みなさまお世話になりました。今年の反省やら反省やら反省やらを詰め込んで、来年は飛躍の年にしたいと思います。

来年は、翔ぶ!

松崎ヒロノブ


onaeba30-08.jpg

0505-11.jpg

20130804-P8040048.jpg



write Hironobu Matsuzaki / photo: Hironobu Matsuzaki Shimensoka / blog editor Ohka Tsubakihara


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
2013.12.29
年末恒例ブログ企画『2013年を振り返って』1回目は矢野巌です。


矢野巌が選ぶ2013年の写真
naguri-02.jpg

年月の流れは早いもので、気がつけばシメンソカとしての活動も丸二年。

初期衝動のままに突き進んだ昨年をファーストアルバムと例えるなら、
今年は模索のセカンドアルバム。

月一回の定例会も単に撮って見せ合うだけでなく、今年はシメンソカ内実験的ワークショップを実施し、
一人一人がテーマを持ったプレーヤーとして活躍できる基礎作りを進めた。
自分で責任を持ってワークショップを行うことで必然的に学ぶことと、突き詰めて考え直すこと。
他人のワークショップに参加することで、自分の尺度ではない考えに身を浸すこと。
これらが自身の写真を振り返る上で非常に大きな糧となったのではないかと思う。


また、年の最後に初グループ展を開催したこと。
日頃からブログ上では活動内容を報告していたものの、いざ展示となった場合にはどうだろう?
見掛け倒しのハリボテになってしまわないかが不安であったが、
展示としてはひとまずの成功を収め、皆様に改めてシメンソカを知って頂くことができた。
作品は人に見せて初めて作品として成立する。
あれだけの観客に見ていただき、生の声を頂けたのは掛け替えのない経験として今後に活きてくるはず。

また、もう一つ展示の成果として感じていることがある。
それはメンバー同士のこと。
たとえ準備や展示で色々アクシデントがあろうとも、何も言わずフォローし合う。
展示中も、特に申し合わせるでもなく同じ姿勢で観客に接する。
ある意味で二年間の最も大きな成果は、ここなのではないだろうか。


こうして写真集団でもあり、良き仲間でもいてくれる他メンバーへの感謝を、
個人的な一年の締め括りとさせていただきたい。

onaeba30-011.jpg

20130421-03.jpg

20130804-P8040131.jpg


write Iwao Yano / photo: Iwao Yano Shimensoka / blog editor Ohka Tsubakihara


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

2013.12.28
寫眞譚という写真グループがあるのですが、そこにシメンソカの椿原桜果が所属してます。寫眞譚では『寫眞譚レビュー』という共通のテーマの展示会や映画を見て感想を書くと言う企画をしているのですが、12月はシメンソカ ヤブレカブレ展の事をレビューしてましたので今回その記録をまとめてみました。5人が率直にレビューしてくれてます。シメンソカと違う目線のヤブレカブレ展をぜひお読みください(椿原桜果は当事者ですが…)

2013年12月16日掲載 石川省吾レビュー
http://shashintan.exblog.jp/20100677/

2013年12月18日掲載 井戸博章レビュー
http://shashintan.exblog.jp/20108497/

2013年12月20日掲載 Gakuレビュー
http://shashintan.exblog.jp/20100683/

2013年12月22日掲載 椿原桜果レビュー
http://shashintan.exblog.jp/20100854/

2013年12月24日掲載 吉澤美季レビュー
http://shashintan.exblog.jp/20100685/

1006mikihouse10.jpg
寫眞譚(左から、井戸博章、椿原桜果、吉澤美季、Gaku、石川省吾)

寫眞譚BLOG
寫眞譚FaceBookページ


blog editor Ohka Tsubakihara


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
2013.12.27
ヤブレカブレ展レポートはまだまだ続きますが、先日2013年最後のシメンソカの定例会を行って来たのでヤブレカブレ展の事は来年に掲載するとして、今日はその定例会のレポートです。今回の定例会は盛りだくさんの日になりましたよ〜。盛りだくさんになる事はわかってたので、ランチは各自食べて来るようにお達しが出て直接待ち合わせ場所に向かいました。

待ち合わせたのはとある森(笑)
131221-02.jpg

森を歩きながらの定例会です。
131222-01.jpg

途中、男二人の戯れを横目で眺めつつ…
131221-03.jpg

めちゃくちゃ体が柔らかいKaoRinを撮りつつ…散策終わり。
(KaoRinは後屈もやわらかいけど、前屈もとんでもなく柔らかいんですよ)
131221-04.jpg

寒くなったので適当なファストフード店のぬるいスープで暖をとりながら、2014年のシメンソカの活動の指針を決めるシメンソカ会議。ディスカッションを重ねちょっとだけ来年の展望が見えて来ました。
131221-05.jpg

そして次なる予定、実はこの日はKaoRinと椿原桜果が参加していた企画展『バカ展2013』の搬出日だったので搬出に向かい、荷物を引き上げてきました。帰り、一緒に参加してたわたあめさんとちょっとコンビニまでご一緒し…
131221-06.jpg

表参道の駅へ。
131221-07.jpg

この日は別件のあるKaoRinと渋谷の駅で別れ…2013年最後のシメンソカ4ショット(笑)
131221-08.jpg

残った3人で忘年会の始まり。
何食べる?という事で出たアイディアがお好み焼きかカラオケ。2013年最後だし、忘年会だし、じゃあ両方やってしまえーとまずお好み焼き屋さんにGO!
131221-09.jpg

頼んで食べて頼んで食べて…でお腹いっぱい。
131221-10.jpg

さて、次はカラオケだーと向かってたんだけど途中のBook-offで引き寄せられ、そして夢中で写真集を探し始める矢野巌と松崎ヒロノブ
131221-13.jpg

このまま写真集を見続けるのかと思い気や、当初の予定のカラオケにGO!
131221-12.jpg

そういえば、シメンソカでカラオケに来たのは初めてで…こんな声だったね、とかこんな選曲をするのね、とか2年一緒にいて新しい発見をしながら歌いまくり…。ちなみに一番若い矢野の選曲がザ昭和歌謡でちょっと面白かったり(笑)
131221-14.jpg

そんな感じで純粋に忘年会を楽しんだ3人でした。ほんと楽しかった♪
森散策、会議、バカ展搬出、忘年会(お好み焼き、Book-off、カラオケ)と盛りだくさんだった2013年最後の定例会。お疲れさまでした〜。
131221-15.jpg



photo: Iwao Yano Hironobu Matsuzaki KaoRin Ohka Tsubakihara / blog editor Ohka Tsubakihara


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
2013.12.25
ヤブレカブレ展3日目/2013年11月1日日曜日

ヤブレカブレ展3日目
ヤブレカブレ展もとうとう最終日。3日間ってあ!という間です。
3日目もオープンと同時に見に来てくれた方が沢山でした。

yabu-03-01.jpg

yabu-03-03.jpg

コバラが減ったので差し入れを裏の廊下でぱくつく(笑)
yabu-03-05.jpg


 yabu-03-02

yabu-03-04.jpg

最終日も最後まで人が途絶える事がありませんでした。
3日間で350人を越える人にご来場頂きました。そしてセンターテーブルにあるブックを細かく見てくださる人、時間のない中駆け込んで来てくれた人、メッセージカードも細かく書いて頂いてメンバー4人とても嬉しく感謝の気持ちでいっぱいです。

3日目の4人の集合写真
yabu-0303.jpg
[集合写真:photo by 高橋尚士さん]

yabu-03.jpg
[集合写真:photo by 高橋尚士さん]

yabu1217.jpg
[集合写真:photo by Kenta so youngさん]

ありがとうございました。


photo: Iwao Yano KaoRin Ohka Tsubakihara / blog editor Ohka Tsubakihara


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
2013.12.23
ヤブレカブレ展2日目/2013年11月30日土曜日

ヤブレカブレ展2日目
オープン前、初日に特に決めた訳でもなかったのですが、KaoRin→矢野巌→と順路になってたので椿原桜果の展示を左右入れ替えました。
yabu-02-003.jpg

KaoRinは名刺の部分を手直し
yabu-02-002.jpg

すでにほろ酔いが…飲んだのは誰だ?
yabu-02-001.jpg
…矢野巌ですww

そうしてるうちに11時。ヤブレカブレ展2日の始まりです。
この日も沢山の方々にご来場頂きました。
yabu02-01.jpg

yabu02-02.jpg

yabu02-03.jpg

ありがとうございました。
 yabu-02
[集合写真:photo by 櫻さん]

photo: Iwao Yano KaoRin Ohka Tsubakihara / blog editor Ohka Tsubakihara


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
2013.12.21
4人の展示紹介が終わったのでちょっと振り返ってヤブレカブレ展の3日間の記録をアップしていきます。

ヤブレカブレ展1日目/2013年11月29日金曜日


ヤブレカブレ展初日…
ちょっとしたトラブルがあって(これは後日搬入ドキュメントで記載します)16時くらいまで松崎ヒロノブの作品が表に出てなかったものの、金曜日にもかかわらずオープン開始から沢山の人に来てもらえました。

yabu-01-001.jpg

yabu-01-002.jpg

夜は立ち呑みヤブレカブレとして展示を見てもらいつつ、1日目は大盛況で終わりました。
yabu-01.jpg
[集合写真:photo by わたあめさん]

おまけ。
お腹が空いたので帰りに寄った五右衛門にて。ブラウスにはねるのが怖かったので子どもみたいにナプキンをしっかりして食しましたよ。おかげでブラウス&スーツは無事でした。
yabu-01-06.jpg


photo: Iwao Yano KaoRin Ohka Tsubakihara / blog editor Ohka Tsubakihara


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
2013.12.19
ヤブレカブレ展の展示紹介&コメントのラストは椿原桜果。次回は展示会レポートをアップしていきます。

椿原桜果 / 路傍の人
yabu-ohka03.jpg

yabu-ohka01.jpg

yabu-ohka02.jpg


『路傍の人』
道を歩いていく人。道ですれ違う人。また、自分とは無関係な人。




シメンソカグループ展第一回展示『ヤブレカブレ』にお越し頂きましてありがとうございました。
シメンソカとして集まって活動を初めて2年。今年1月に御苗場に4人で参加して、12月にこうやってグループ展を開ける事が出来た事、そして想像を遥かに越える方々に来て頂けて、驚きと共に感謝の気持ちでいっぱいです。


実はシメンソカで活動始め半年が過ぎた頃から『何が撮りたいんだろう?』『私らしさって何?』と悩み始めてしまっていまだに撮りたいものがわかりません。絶賛大スランプ中です。ただ今年1月に訪れたベトナム、カンボジア旅行でとても楽しく、何も考えずにシャッターが切れた事、そこに暮らしている人の素の表情を無意識に撮ってる事に気がついて、私は生活してる人の作られてない表情を撮る事が好きなのかもしれない…と気がつきました。家に戻って今までの写真を見返してみたら日本でも似たような写真を撮っていて…海外に行くまで気がつかなかったw まだ私らしさって何?と悩んではいるんだけど、絶賛大スランプが絶賛スランプと『大』の部分がちょっと減った気がします。第二回があるならば、絶賛スランプからは卒業…または絶賛が取れるくらいのスランプ程度までにはなっていたいと思います。


余談ですが、このヤブレカブレという言葉。今年いくつか出展した展示(御苗場と寫眞譚)の度に追いつめられて『もうやぶれかぶれだーーー』と直前になると口にしてたらしく(←私は無意識)それを矢野が聞いていて『次回の展示会名、ヤブレカブレがいいんじゃない?』と、他メンバーも賛成して決まった言葉でもあります。自分では意識してない言葉でも他の人が拾ってくれてそこから発展し続けるシメンソカという感じでとても好きなエピソードです。


展示会前に風邪をひいてしまって1週間寝込み、そのツケで仕事など諸々が一気に重なったり、プリント発注直前の段階で予定してた展示サイズから展示スタイルを変更して、その結果時間ギリギリの時間しかなくなったりで相変わらず慌ただしい準備でした。今回も『もうヤブレカブレ』という心境になると思ってたのに、不思議とヤブレカブレな気持ちじゃなく準備が出来ました。展示会前に『ヤブレカブレヤブレカブレ…』とみんなで告知した事でヤブレカブレがお腹いっぱいになってヤブレカブレになってる自分からも脱却していたのかもしれません(笑)。ヤブレカブレ展と一緒に一歩前に進められたような気がしてます。

シメンソカ 椿原桜果
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
2013.12.17
 | HOME |  NEXT PAGE »