先日塩竈で開催された地域密着全員参加型ロックフェスについて、
参加した矢野巌からのレポートとなります。

塩竈フォトフェスティバルと同じく、平間至氏を中心として開催されたガマロックフェス2013。
昨年の開催に続き、今回が二回目となる。
ガマロック公式サイト

会場となる塩竈市みなと公園は、名前の通り海の直ぐ傍にある。
僕は会場へ徒歩で行ったのだが、途中の道は未だに地割れも多く、路肩の民家には震災の傷跡も生々しい。
あんなに怖い思いをしたばかりなのに、何でこんな場所で・・。
などと考えながら坂道を登りきったところで眼下に広がる街を見て、僕は気付かされた。
ああ、この風景。塩竈の人たちは、この街が好きなんだなと。
この街じゃなきゃダメなんだなと。

DSCF0315.jpg

そして会場近くの道路には色とりどりの旗が、会場入口には手作りの魚たちが出迎え、
地元の人々と思わしきスタッフ達が元気に声を上げる。
会場内でステージを中心に立ち並ぶ屋台の多くは地元の店が出展しており、
良心的な価格の中で地元の酒や名産品を楽しむことができる。
大人の入場者には無料の振る舞い酒という粋な計らいまで!
屋台で売り子をしているのは、おそらく普段はフェスなんか無縁のオジサンやオバサンも多く、
漂う雰囲気はフェスというより地元商店街のお祭りに近い。

DSCF0328.jpg

DSCF0424.jpg

DSCF0482.jpg

肝心の出演アーティストだって、ちょっと変わっている。
メインステージのトップバッターなんて、地元小学生のジャズバンドだ。
豪華アーティストの間に混じって、地元テイストが適度に織り込まれているから飽きさせない。

ステージもシンプルな照明と、後ろに下がったスダレ電球くらいしかないから、
逆にアーティストにとっては誤魔化しの一切きかない厳しい条件だったのだが、
ヌルいアイドルシンガーが一切いなかったお蔭で、純粋に『音楽』を楽しむことができた。

ATSUSHI(Dragon Ash)/おひつじ座流星群/木下 航志/GREAT3/クラムボン/山寺 宏一×小柴 大造
The Space Baa(辰巳光英+不破大輔+Jimanica)/細美 武士/大友康平/DWニコルズ/
ビッケとカツマーレー/おお雨(おおはた雄一と坂本美雨)/Salyu×小林武史/BRIGHT KIDS
GAMISM/金子マリ & KenKen & 山岸竜之介/Caravan/木下 航志 more

出演アーティスト同士もホンワカしていて、
例えばクラムボンが道路事情で大幅に遅れるとなれば、それ以降『タイムテーブルはなくなりました』
なんて流れになるし、他のアーティスト達も順番をアレコレ工面しながら、
会場が冷めないように場を暖めあう。

地元とアーティストと来場者、それぞれが近い。
企業が金儲けのためにやるのではない。
このフェスの主役はあくまで塩竈の人々であって、
アーティストと来場者も一緒になって作っていくフェスが、このガマロックなのだろう。
町興しって、こういうものだ。

細美武士のMCで
『ガマロックはこのまま、あんまりお金を掛けずにいきましょう』という言葉があった。
民家の多い地域で一日中ライブをやっているのに、苦情は一件もないという。
それが全てを物語っている気がする。

音楽にできること。
それはこういうこと。

帰り道に見上げたガマロックフィッシュは、キラキラ輝いていた。

NO MUSIC NO LIFE

DSCF0429.jpg

DSCF0558.jpg

write&photo:Iwao Yano 


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
2013.09.26
先日9月14日から9月23日まで、宮城県塩竈市で開催されている第4回塩竈フォトフェスティバル。

塩竈フォトフェスティバルは、塩竈出身の写真家・平間至氏が中心となって開催されるイベントで、
日本最大級のポートフォリオレビューをはじめ、毎回様々な取り組みで大きな注目を集めています。
そのイベントの中のいくつかに参加している矢野巌からのレポートとなります。



このレビューは、
公募 → 一次審査 → 通過者(今回は29名)は豪華レビュワー陣から2名を指名
会場でのレビュー → 最終選考(今回は6名) → 大賞(写真集製作権の付与) という流れ。

僕がレビューを受けたのは、小林紀晴氏と孫家邦氏。

【レビュー:小林紀晴氏】
著書『写真と生活』をはじめ、端正な文章でも多くのファンと影響力を持つ小林氏。

そのレビューは、僕のブックを一通り見た後『こりゃ、何て言ったらいいか分かんないね!』と、
文章とは印象の異なる厳しい第一声からはじまるもの。
セレクトの甘さ、見せ方の弱さ、梅佳代との比較、そもそもの価値観について次々と指摘があり、
『一回、辞めてみた方がいいかもね』という言葉も二度に渡って飛び出すという展開。
持ち時間の20分をオーバーする中で、終始厳しい言葉の並ぶものとなった。

【レビュー:孫家邦氏】
梅佳代『うめめ』や川内倫子の写真集など多くの名作を出版し続ける、リトル・モア代表取締役。

ブックを見た後は、僕の考えなどお見通しであろうことは感じさせながらも、
まずは僕の話を受け止めて下さってから、一つ一つ言葉を選びながら話を切り出していくという展開。
決して否定はせず、かといって褒めることもせず、ここでも梅佳代との話を交えつつ、
これから僕がどうしていきたいのか、そのためにはどうしたら良いかを説いて下さった。

DSCF9562.jpg

【レビューを受けて】
僕は第一回/二回でのレビューを受けており、今回は四年越しのレビューとなった。

考えてみれば過去に受けた二度のレビューは、それぞれ写真を始めたばかりの頃で、
自分が何をしたいのか、話したいのか、聞きたいのかさえ曖昧なままで臨んだものであり、
当時レビューして下さった平間至氏、広川泰士氏、綾智佳さん達との話も、
上辺でしか話すことが出来ていなかったように思う。
おそらくレビューして下さる側にとっても、余り語れないような内容だったに違いない。
単に選考残った!褒められた!ヤッホー!というだけの話。
なんと贅沢で、傲慢だったんだろう。

あれから四年を経て受けた今回のレビューは決して易しくはなかったが、
言われたことに対して、どれも自分の中で理由と答えを出すことができる。
『あー、君の写真いいね!』『上手だね!』で終わらなくて本当に良かった。

昔のレビューの内容は嬉々として書いていたが(過去の様子はコチラ)、今は全てを書こうとは思わない。
つまりそれだけ自分の中で写真が確固たるものになり、
今回のレビューで得た内容も、軽々しく人に共有できるものでなくなったからだ。

最終選考に残らなかったのは残念だが、その理由も納得できる。
初対面の相手に対して言いにくいであろう事も、
キチンと作品を見ながら話してくださったレビュワーの誠実さに、心から感謝したい。

DSCF9545.jpg

【番外編】
全く単独で乗り込んだつもりだった塩竈フォトフェス。
会場に着いてみると、御苗場の仲間である畠山雄豪氏、大原明海さん達がおり、
特に畠山氏は最終選考に残る活躍を見せた。
大賞に輝いた篠田優氏も、蓋を開けてみれば知らない仲ではなかった。
こういう横の繋がりは安心と同時に緊張感も生む。
レビューだけでなく互いに意識し合えるというのも、これも恵まれた環境だ。

write&photo:Iwao Yano 


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
2013.09.19


今日は寫眞譚ブログ×シメンソカブログ連動企画。ちょっと記事は長いのですがお付き合いください。ただブログを書いてるのは両方椿原桜果なので内容的にはそんなに差はないのですが…(;^_^ よかったら寫眞譚ブログもご覧になってください。

寫眞譚ブログ




国立新美術館で開催してるアンドレアス・グルスキー展、それぞれ見にいっていてツイッターにそれを書いたところ…『グルスキーを語ろう』と一部の人で盛り上がり、そこで8月末に集まりました。シメンソカからも3人参加だったのと面白い語り合いになったのでレポさせてもらいます。

参加者はシメンソカ矢野巌×松崎ヒロノブ×椿原桜果、この集まりの発起人の井戸博章×吉澤美季…この2人は椿原桜果が所属してる写真グループ寫眞譚メンバーでもあります。そして写真友達の佐藤翔くんという6名でした。要するにシメンソカ有志×寫眞譚有志+サトショーというメンバー構成でがっつり語り合ってきました。

シメンソカ:矢野巌
0831-07.jpg

シメンソカ:松崎ヒロノブ
0831-04.jpg

シメンソカ/寫眞譚:椿原桜果
0831-03.jpg

寫眞譚:井戸博章(発起人)
0831-02.jpg

寫眞譚:吉澤美季
0831-01.jpg

佐藤翔
0831-06.jpg

全員揃うまでの間に腹ごなし&自己紹介(…といってもそれぞれがどこかで知り合ってるので本当の初対面だったのは松崎ヒロノブ×吉澤美季のみ)

撮ってから…
0831-09.jpg
食べるw
0831-10.jpg
決め顔のシメンズ(シメンソカ男子)
0831-12.jpg

全員揃ったので乾杯!
0831-11.jpg

…と、だらだらしてたのはここまで。
乾杯してからは本題突入。
まず『グルスキーの展示がなぜ今だったのか』といどっち(井戸博章)の問題定義を皮切りに語り合いスタート。
0831-14.jpg

そこから日本におけるアートの価値、マスコミの姿勢、はたまた教育問題まで発展し…
0831-13.jpg

話しても話しても終わりません。
0831-15.jpg

こういう集まりの時に常に写真を撮るのが矢野巌。なので矢野自身が写る事が少ないので、台に上って上から写真を撮ってる矢野を下から撮ってみました。
0831-18.jpg

この時の矢野が撮った写真がコチラ(笑)
0831-17.jpg

そして…盛り上がって来た時に時間切れ(席の時間)
でもまだまだ話足りない、物足りなかったので場所を変える事に。
その場所とは…道端w

近くのコンビニでお酒を買って…
0831-20.jpg

新宿御苑前で語り合い再開。
0831-22.jpg

電車で帰れるギリギリまで語り続けたのでした…
0831-23.jpg


おまけ
道端に向かう途中に入ったビッグカメラでレゴの展示。
お父ちゃん!と泣き崩れ抱きつく矢野氏(笑)感動の再開になりました(嘘w)
0831-28.jpg



photo:Iwao Yano Ohak Tsubakihara SatoSho / blog editor Ohka Tsubakihara


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
2013.09.14
2013年9月のシメンソカ定例会。
『たまにはセレブに銀座をぶらぶら』と決め待ち合わせは正午有楽町ビッグカメラ。まずはランチ…(その日の流れを再確認するのでここのところのお決まりになってます)と散策するもこの日はとにかく暑くて歩き出してすぐのアイリッシュ系パブの店に決め早々に入りました。
0901-02.jpg

ソガールKaoRin&椿原桜果は二人ともローストビーフのランチ。
0901-04.jpg


ちょっとこ洒落た空間でちょこっと洋食を食べるのが好きな椿原桜果は満面の笑顔です(←フレンチ風なお料理が大好きなのです)
0901-03.jpg

一方、松崎ヒロノブには物足りなかったらしく…食後100円バーガーを食べてましたww
0901-05.jpg

さてさて、ここから銀ブラの開始。
通りかかったLOFTでバービー展をやってたので入ってみたら意外にも面白く…
0901-06.jpg

ガラスケースを前に撮りまくるシメンソカ4人。
0901-09.jpg
0901-07.jpg

ショーウィンドウも撮りまくるシメンソカ4人。
0901-13.jpg
0901-14.jpg

途中レモン社に寄って、カメラを眺めつつもKaoRinが超掘り出し物のバッグを購入。実はこのバッグ『お、いいじゃん♪と松崎ヒロノブが手に取ったばかりのものを後から来たKaoRinが『何これこの金額?嘘!かわいい!!買う』とあっという間にレジに持って行っちゃったもの。しかもKaoRin、松崎ヒロノブが買うか検討してた事すら気付いてませんでした…即決の潔さ、これが買い物上手に繋がるのねと感心w
0901-11.jpg

銀座をぶらぶら歩いて写真を撮って…いたものの暑さもピーク。この辺で水分補給といきたいところなんだけど、次の水分補給は『アルコール』と決めてた矢野巌と椿原桜果。頑張って耐えに耐え一口目ののどごしに賭けてます。いや、そこまで耐えなくてもいいんだけど…という周りの意見は却下。
0901-16.jpg

そして早々と『昼から飲むゾーーー』というモードにシフトチェンジ。でも念のため追記しておきますが、暑い中みんな頑張って写真は撮りましたよ。銀座はお高そうなのでオヤジの街、新橋に移動。なんとなくシメンソカにはこっちの街の方が似合うのは気のせいでしょうか…
0901-17.jpg

だがしかーし、ここからが長かった。
昼から飲もうと決めたまではよかったけど、お店があまり空いてない。そして安くて美味しそうな店を狙うのでなかなか決まらない…と、恒例のお店決めじゃんけんをしたもののここでも勝ったのは松崎ヒロノブ。シメンソカでお店決めじゃんけんを導入してからすべて松崎ヒロノブの勝利…。松崎ヒロノブのリクエストは『飲み放題のある店』で勝ってから新橋の交差点の角で探してたんだけど、暑さに耐えお酒のために耐えたもので若干限界…
0901-19.jpg
0901-20.jpg

結局、適当なお店に入りまず乾杯♪
0901-22.jpg

お通しの明太子の味比べは美味しかった。
0901-23.jpg

けれど、当初の趣旨をずれてたので他のお店がオープンした頃に移動する事に決めその時間までここにいる事に。この時間を利用してのまっちゃん恒例のお昼寝タイム。
0901-24.jpg

次の店はは椿原桜果が以前よく来てた『魚金新橋本店』うおきんだかぴろきんだか…と矢野巌が名前に親近感を持ったってのもあって二次会場所に決定。余談ですが矢野巌は通称ぴろきんと呼ばれてます。
0901-25.jpg
0901-26.jpg

またもや乾杯w
0901-27.jpg

食べて食べて飲んで飲んで…
0901-29.jpg

食べました♪この辺でお開きになったのだけど時間はまだ19:30。外はまだ明るいw
0901-28.jpg

コンビニでリッチガリガリくんイチゴを買ったKaoRin
0901-30.jpg

新橋から夜の散歩をして集合場所の有楽町に戻ってここで解散。
0901-32.jpg

結局『たまにはセレブに銀座をぶらぶら』が『昼から飲んだくれ新橋が似合うシメンソカ』にテーマが変更した感じも否めないのですが…(笑) 次回の定例会は2ヶ月くらい空くのですがその間はメンバーそれぞれの活動(特に塩竃フォトフェスティバルに参加する矢野巌のレポートなど)や展示会情報などをレポートするのでお楽しみに。



photo:Iwao Yano / KaoRin /Ohak Tsubakihara/ blog editor Ohka Tsubakihara


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
2013.09.07
 | HOME |