0721ya01.jpg

0721ya02.jpg

0721ya03.jpg

第四回シメンソカプロデュース松崎ヒロノブ篇の実践で『アレブレボケ』写真を撮ろう!という企画の矢野巌の3枚です。この企画をやってみての矢野巌の感想はコチラ↓


例えばミニチュア写真、浮遊写真、これらは表現技法として定着しつつあるものであるが故に、どこかで模倣される度に写真家の中で議論が起こり、否応なしに考えさせられる。しかし、森山大道に代表されるアレ・ブレ・ボケ。今や一つの表現技法として定着しているが故に、実はその本質を全く理解していなかった。これを実際にやってみようという、松崎ヒロノブの提案により繰り出した渋谷の街。

アレブレボケっぽい写真を撮るのは簡単で、カメラの設定と少しの工夫があればすぐに撮れる。しかしカメラの液晶で見るそれは言いようのない違和感があって、思わず考え込んでしまう。そこで僕は森山大道にまつわる幾つかの言葉を思い出し、撮り方を変えてみた。撮り方を変えるというより、もっと本質的な部分。写真って何だろう?という部分から変えて再び飛び込んだ渋谷の街は、さっきまでと全く姿を変えて、情報量が桁違いになっており、いつもなら何時間も撮り歩ける僕だが、この時は30分で動けなくなってしまった。しかし30分の間に撮った写真の枚数は300枚。レンジファインダーでこれだけの密度を撮ったことはなく、出来上がった写真の多くは結果としてアレてブレてボケていた。

思いがけず森山大道の真髄に触れることができた(気がする)今回の撮影は、僕にとって非常に意義の大きいものだった。

矢野巌




photo:Iwao Yano/ blog editor Ohka Tsubakihara


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
2013.07.30
7/21のシメンソカまっちゃんプロデュース篇。
本編は松崎ヒロノブが書いたのですが、その日にあったプロデュースそのものには関係ないけどあった出来事など今回、外伝として椿原桜果が書いちゃいますw

まず、予定時間10分前に会議室に入った矢野巌と松崎ヒロノブと椿原桜果の3人。
ホワイトボードもあるし…と絵心クイズw ガンダムを書いてみよう…としたんだけど何か違う(;^_^
shi0721-08.jpg

矢野巌も参加したものの…
shi0721-07.jpg
やっぱり違う。実際は↓
images-5.jpeg


マジメに座学や感想文などを書いてたらあっという間に昼時間。ちょっと前まで松崎ヒロノブがルデコで展示会をしてた事もあってこの辺りのお店を新規開拓してたらしく『オススメ牛カツがある!』との事で近くにある牛カツ屋さんへ。人気店らしく行列だったので並ぶことちょっと。
shi0721-14.jpg

揚げ時間60秒。これが牛カツ!
shi0721-45.jpg

その後、まっちゃんプロデュースの実践編へとメンバーが渋谷の街に散って3時間後。
プリントしに行ったビッグカメラの店内で…
shi0721-24.jpg
矢野巌が先走りビールw

喫茶店を探してさまよってた時に…試飲試食で立ち止まりまくる、ソガール2人。
shi0721-10.jpg

shi0721-29.jpg

shi0721-15.jpg

気を取り直して喫茶店を探すも見つからない(>_<)
ようやく見つかって…というか喫茶店は諦めて開店直後のビア専門店に行ったんだけどね。(ビア専門店なんだけどビールが飲めない私は一人別のお酒です)
shi0721-05.jpg

shi0721-04.jpg

まっちゃんプロデュースはこのビアレストランで終了。その後は美味しくて安い中華料理屋さんを見つけたのでそこに行ってみたら日曜定休日でやってなく…再び渋谷を彷徨う私たち。
shi0721-27.jpg

一つの店に決められなくてそれぞれ気になった店を選び、じゃんけんで勝った人が選んだ店に行く事に…余談ですがこの店決めルール、しばらくシメンソカ内で流行りそうですw
shi0721-12.jpg

そしてここからシメンソカ定例会の始まり。
今後のスケジュールなど話し合う事を飲みながらだけどがっつり話し合い。
shi0721-02.jpg

シメンソカ、仲間割れ勃発(笑)
shi0721-21.jpg

お約束のまっちゃんスリーピング(笑)
shi0721-42.jpg

次回はまっちゃんプロデュースでそれぞれ撮った写真を掲載します。


Ohka Tsubakihara/photo:Iwao Yano Ohka Tsubakihara / blog editor Ohka Tsubakihara


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
2013.07.27
こんにちは! 松崎ヒロノブです!
今回は、みんなで定例会をプロデュースしよう!第四弾、松崎編 in 渋谷のレポートです!

じゃんけんの結果、プロデュースラストとなったので、ちくちく用意できるなぁ…と思っていたら、不慮の仕事多忙陰謀(笑)に巻き込まれ、気がついたら日時となっていました。
shi0721-36.jpg

テーマですが。アレブレボケについて興味があったので、それについて調べていたら近代日本写真史の面白さに惹かれてしまい…いつのまにか『日本の写真・ルーツの自覚』というタイトルに変わっていました。用意はギリギリに終わり、座学→筆記→実地、という流れを予定しましたが、はたして伝わるのか…?ということをメンバーに伝え、言い訳から始まるプロデュース。斬新でしょ?(笑)
shi0721-20.jpg

shi0721-37.jpg

さて、まずは座学です。ホワイトボードを使って、ばばーん!と書き殴ろうとしたら、予約した会議室のホワイトボードが小さかった…うわぁ! さっそくのトラブル? にも挫けず、説明開始。1960年代から始まる写真史です。本当にざっくばらんに流れを説明し(しまった、今でしょ! ってネタやるの忘れてた)、次にプリントを配布。何気に五頁もある大作(笑)です

shi0721-38.jpg

アレブレボケ、コンポラ写真、ガーリーフォト等の文献の一部抜粋を載せており、それについて思ったこと感じたことを空欄に記入してもらいました。カリカリカリ…と静かな会議室。これには私も記入し、後ほどみんなで回し読みをすることでそれぞれの認識を知る流れです。やがて会議室タイムオーバー。量が多いもので、誰ひとり書き上げておりません…これは実地のあとに喫茶店で続きをすることに。

shi0721-06.jpg

shi0721-40.jpg

ご飯を食べ、近場の展示を見させてもらい、さて午後の開始です。
shi0721-19.jpg

午後は、元々私が気になっていたアレブレボケの巨匠、森山大道さんの視点で撮る! という無茶振りを試みました。ところがここで痛恨のミス。作例を用意しなかったため、みんなにキチンと伝わってなかったのでした。後ほど指摘され、一番の反省点となりましたが、それでも頑張って撮影してくれるのがこのメンバー(笑)。集合時間を決め、四人は颯爽と渋谷の街に溶けていきました。(そうそう、桜果さんが、アレブレボケのことを荒ぶるボケと呟いていて、大笑いしたことを列記しておきます。笑)

そして合流。
shi0721-46.jpg

ビックカメラで撮影した作品をL判にて焼き出し、喫茶店へ…と、文字にすると簡単ですが、実は喫茶店がどこも混んでいて、まさに喫茶店難民状態、開店したばかりのビア専門店に駆け込むこととなりました(笑)。

shi0721-35.jpg

shi0721-25.jpg

まずは筆記の残りを記入し、それを回覧。メンバーによって視点、立ち位置が違い、とても興味深いものでした。その後、作品を並べ、品評に入ります。それぞれの色を残しながらアレブレボケに果敢に挑戦してくれていました。作品についてはこのブログにて発表していきたいと思います。

shi0721-13.jpg

shi0721-03.jpg

反省するべきところはかなりありましたが、楽しくプロデュースさせて頂き、みんなありがとう! 打ち上げの飲み会にてひとり静かに寝に入る松崎でした…(完)。
shi0721-42.jpg


write:Hironobu Matsuzaki /photo:Iwao Yano Ohka Tsubakihara / blog editor Ohka Tsubakihara


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
2013.07.24
矢野巌が塩竃フォトフェスティバルのポートフォリオビューイングに作家として参加します。

sgma013.jpg

《矢野巌からのコメント》
平間至氏を中心に2008年より開催され、国内最大級のポートフォリオレビューを初め、多彩なイベントで写真イベントとしての地歩を固めつつある『塩竃フォトフェスティバル』が、宮城県塩竃市で今年も開催されます。第四回目となる今回、大変ありがたいことに平間至氏より推薦を頂き、『ポートフォリオビューイング』に作家として参加することになりました。(写真続けてて本当に良かった・・)

これは、ポートフォリオさえあれば何処でも作家は表現活動を行うことができる、という非常に根源的な表現方法で、来場者たちとマンツーマンで作品について向き合うハードなものです。以前の大賞受賞者や、多方面で活躍されている作家と肩を並べての出展のため楽ではありませんが、どうぞ皆さん、塩竃で会いましょう!!!


・ポートフォリオビューイング ※矢野巌が参加します
(塩竃フォトフェスティバル及び連動イベント)

《期間》
2013年9月23日

《会場》
塩竃フォトフェスティバル会場内 各所

line02.gif

その他、塩竃フォトフェスティバル及び連動イベント
・ポートフォリオ・レヴュー 
《期間》
2013年9月14日
2013年9月14日 公開審査・写真賞授賞式

《会場》
塩竃ふれいエスプ
※参加ポートフォリオ8月20日まで受付中、大賞には写真集作成の権利が付与されます。
 参加資格に制限等はありません。


・ガマロックフェス
※塩竃の街に豪華アーティストが集結。1日限りの熱いフェス開催!!
《期間》
2013年9月22日

《会場》
塩竃市みなと公園

《参加アーティスト》
細美武士/坂本美雨/おおはた雄一/山寺宏一/Dragon Ash ASTUSHI/おひつじ座流星群/Salyu/小林武士/DWニコルズ・・他多数

・その他 写真関連のイベント多数開催予定
塩竃フォトフェスティバル公式HP
2013.07.19
シメンソカweb連動企画、1週ごとにメンバーポートレートの写真をupしていきましたが今回が最後、『被写体:椿原桜果篇』です。

これは、去年の夏にシメンソカ合宿を行ったのですが、その時に『いい機会なのでシメンソカメンバーを撮り合おう!』とポートレートを一人20分と決めて被写体と撮影者になって撮りました。…が、、、話に出たのが合宿中だったのと、ポートレート初体験のメンバーも数人いるような状況だったので、多分これは本格的なポートレートではありません。その辺りをゆるーーく見て頂ければ嬉しいです。

撮る人と撮られる人、今回はそれぞれにセレクトしてもらったんだけど、選ばれる写真が違うのが興味深かったです。今回は撮影者と被写体が選んだ写真が同じというのもあります。

●矢野巌撮影
《被写体:椿原桜果が選んだbestショット》
po-ohka-ya.jpg

《撮影者:矢野巌が選んだbestショット》
po-ohka-ya01.jpg
その他、矢野巌セレクトの写真一覧はコチラ


●松崎ヒロノブ撮影
《被写体:椿原桜果が選んだbestショット》
po-ohka-ma.jpg

《撮影者:松崎ヒロノブが選んだbestショット》
po-ohka-ma.jpg
その他、松崎ヒロノブセレクトの写真一覧はコチラ


●KaoRin撮影
《被写体:椿原桜果が選んだbestショット》
po-ohka-ka.jpg

《撮影者:KaoRinが選んだbestショット》
po-ohka-ka01.jpg
その他、椿原桜果セレクトの写真一覧はコチラ


今回のポートレート写真掲載の決め事は以下の通りです。
●撮影者ごと全写真の中から、被写体が選ぶbestショット。
  →シチテンバットウ(シメンソカBLOG)ホームページに掲載。
●撮影者が選ぶbestショット
  →シチテンバットウ(シメンソカBLOG)に掲載。
●撮影者が選ぶbest3+他3枚、合計6枚
  →ホームページに掲載。
シメンソカwebも合わせてご覧下さい。

1ヶ月に渡って2012夏合宿シメンソカポートレートをアップしてきましたが、いかがだったでしょうか?まともにポートレートを撮るのが初めてだったメンバーもいるので、生温くみて頂けたら嬉しいです。2013年ポートレートもどこかのタイミングでやりたい…と考え中です。その時はまた1ヶ月連動でアップしますのでお付き合いくださいね。


シメンソカWebsite

write:Ohka Tsubakihara /photo:Iwao Yano Hironobu Matsuzaki KaoRin / blog editor Ohka Tsubakihara


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
2013.07.06
 | HOME |