shimetalk400.jpg

シメトーーク一色卓丸さんを迎えての後半。卓丸さんの写真集「原宿ストリートポートレート (玄光社MOOK)」の裏話等を中心にシメンソカメンバーの写真品評などトーークしました。
taku-12.jpg

目次
一色卓丸写真集についての質問
・この写真を表紙にした理由
・撮り慣れてきて変わったこと …etc.

シメンソカメンバー品評会
・松崎ヒロノブ
・椿原桜果



・どうしてこの表紙にしたのですか?

これね、実を言うと、表紙候補5枚くらい選んでくれと言われて、全部落とされました(笑)。そのうちの1枚が裏面で。ちょっとクール系が好きなんだよね。なので、表紙の子を選んだのは編集長。本屋で見かけたときに手に取ってくれる、目立って、かわいくて、セクシーで、っていう要素を持っている写真だって。あんまりポーズを 取らないで撮影するのが好きなんだけど、彼女はバリバリポーズを取ってくれてたからね。

taku-04.jpg


・撮り慣れてきて変わったことなどはありますか?

今、めっちゃくちゃハードル高いよ。昔は片っ端から声をかけて撮ってたの。ここ3年くらいは、本当に自分がいいなと思った子しか撮ってない。そういう意味でのハードルね。きりがないから絞るというか、自分のなかに篩ができてきたというか、撮りたい子、っていうイメージを決めてるので、最近はもうあんまり撮れないね。

taku-10.jpg

・声をかける相手はやっぱり好みの人? 顔重視? それとも服装ですか?

うーん、雰囲気かな。ファッションが良ければもちろん撮りたいけど、でも、変な言い方だけど美人じゃなくても雰囲気が良い子はいるのね。派手だったり、個性的ですごく面白いよね。

taku-05.jpg


・写真集を作るうえで苦労したことは?

写真の並びにすごい苦労したよ。順番。そういうの、本当はさ、全部デザイナーが考えてくれると思っていたのね。自分でやるってことになって、3、4回やり直したんだけど、はじめは季節ごとに分けようかなとか、ロックならロック、かわいくならかわいくと並べてたんだけど…なんかそういうジャンル的な目で見ちゃうと1枚1枚を見れない気がして。それだったら一色さんの写真を1枚1枚見てもら いたいから、その流れで組んでくれって言われて。結局、ここ2年くらいの最近のものと、それより昔の写真で分けたんだよね。

taku-08.jpg



《松崎ヒロノブの写真についての品評》
zinematsu-002.jpg

撮ったあとに加工? トイカメラ、そうか。自分の作品を変えられるひとってすごいよね。
なんか出来そうじゃない? みんなだいたいカラフルに撮るよね映像美で。なのにこういう感じに…。

taku-01.jpg

《椿原桜果の写真についての品評》
zine-ohka01.jpg
これ面白いなと思った、どう言えばいいんだろう。フィルムなの? デジタルっぽくないね、フィルムか、昔の写真っぽい。一見、加工の様子もないし、加工ありでこの雰囲気はすごいね。

taku-15.jpg

2時間30分では語り尽くせないくらいあっという間に過ぎました。一色卓丸さん、お越しいただいて本当にありがとうございました。一色卓丸さんの写真集「原宿ストレートポートレート」は玄光社MOOKより発売中です。

taku-16.jpg

一色卓丸web-site
原宿ストレートポートレート (玄光社MOOK)


photo 矢野巌、松崎ヒロノブ、KaoRin、椿原桜果 / special thanks guest 一色卓丸 / write 椿原桜果 / blog editor 椿原桜果

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
2017.07.24
shimetalk400.jpg

前回お知らせしましたが、シメトーーク2回目のゲストは一色卓丸さんです。卓丸さんの写真集「原宿ストリートポートレート (玄光社MOOK)」の裏話等を中心にシメンソカメンバーの写真品評などトーークしました。
taku-11.jpg

目次
一色卓丸写真集についての質問
・原宿で撮影すること
・気に入っている写真 …etc.

シメンソカメンバー品評会
・矢野巌
・KaoRin



・どうして原宿で撮影しているのですか?

渋谷、新宿や六本木などでも撮ったことはあるよ。カメラを始めたころはけっこう銀座に行ってたの。歩行者天国あるし、撮りやすいから。でも、銀座は妙齢の方ばかりで若い子はあまりいないし、銀座の街の雰囲気がどこで撮っても同じに感じてね。だからちょっと飽きちゃった。渋谷も面白いんだけど、やっぱり人が多すぎるんだよね。撮り始めたころから、撮影場所は絞ったほうがのちのち有利だなって思 いはあったの。やっぱり原宿は世界的にも名前が通じるし、渋谷は知らない人はいるかもしれないけど、原宿はみんな知っているから。それだったら原宿というブランドを活かしたほうがいいんだろうな、って、直感があったからかな。

taku-04.jpg

・3000人以上撮影しているなかで、いちばん気に入ってる写真はどれですか?

いっぱいあるんだけど、どれだろうな…本にも書いてるんだけど、撮るきっかけになった女性がいて。それまでは、けっこうおじさんとか撮ってたのね。若い子はちょっと怖いなと思ってたの。ああ、おじさんって言っても外人のおじさんね。で、そのうち若い子も撮り始め たんだけど、撮り始めた最初か2、3回目だったと思う、なんか良いファッションしてる子がいて、自分でもこういう写真撮れるんだって。それがきっかけで、なんか若い子を撮ることにハマっていった感じかな。どれがいちばん気に入ってるってのはないんだけど、その子のことは結構覚えているよね。

taku-07.jpg

・原宿で撮影されるときは、何時から何時ごろまで撮られてるんですか? 食事などは?

ベストで言うと11時から4時くらいかな。お昼ご飯はだいたいファミマで食べながら、被写体が通ったらすぐに行ける態勢で。夏はカフェなどに入らないと脱水症状になっちゃうから入るけど、そこで食べてるとさ、うわーいい子通ったーってなることも。相手がね、動いているものだからさ、常にね。




《矢野巌の写真についての品評》
taku-yano01.jpg
矢野君の写真の場合、タイトルだよね! 僕も考えたんだけど、これ漫才っぽいなって。
すごい面白い写真で、ブログのもそうだけど、タイトルと相まってさらに面白いよね。
スナップはいっぱい撮り方あるんだけどさ、この一瞬前はこんな表情してないよね? そのときからカメラを構えてるの? そうか、やっぱり同じだ。僕も外人さんが何かしそうな時はカメラ構えてる。スナップってそういうところあるよね。
taku-03.jpg


《KaoRinの写真についての品評》
taku-kao02.jpg
これ見たときは(注釈:2枚目)女の人が足くねってるように見えた。おっぱい? それは見えなかったけど、これが、足だよね。よくさ、風景撮ってるひとにポートレート難しいですよねって言われるけど、僕からすると、風景の方が全然難しい。
taku-06.jpg

まだまだ続く一色卓丸さんへのシメトーーク、次回(後半)は原宿ストリートポートレートの質問への続きと、シメンソカメンバーへの品評(松崎ヒロノブ&椿原桜果)です。お楽しみください。
taku-16.jpg

一色卓丸web-site
原宿ストレートポートレート (玄光社MOOK)

photo 矢野巌、松崎ヒロノブ、KaoRin、椿原桜果 / special thanks guest 一色卓丸 / write 椿原桜果 / blog editor 椿原桜果

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
2017.07.18
shimetalk400.jpg
今まで考えていた企画なのですが、シメンソカ結成5年にしてやっと実現しました。それはシメンソカと一緒に写真の話、アートの話、そんな堅苦しいこと言っていないでとにかく楽しくわいわいした時間を一緒に過ごそうという事。その名も…『シメトーーク』(笑)。

記念すべき第一回目のゲストは関野悦子さん(http://instagram.com/eniko_work)。関野さんは美術大学卒業後、デザイナーを経て今は雑貨店の店長をしています。そして今も絵を描いて定期的に個展を行っている方です。シメンソカ全員と出逢ったのは3年前の第一回ヤブレカブレ展に来場して下さったのですが、今年1月の定例会の際に池袋でばったり遭遇した偶然も重なってこの機会を設けることが出来ました。今回はその様子をレポートします。
160731-01.jpg

お店は関野さんが『シメンソカの皆さんにオススメしたい店があるんです!』という池袋の鳥定。昭和レトロな雰囲気のいい居酒屋でした。まず再会と、シメトーークのスタートを祝して乾杯です。
160731-02.jpg

オススメの焼き鳥がコチラ。関野さんのオススメはレバーです。
160731-11.jpg

こちらシメンズ
160731-03.jpg

ソガール&関野さん
160731-04.jpg

色んな話をしました
160731-05.jpg

途中、やっぱり日本酒を頼んで嬉しそうな椿原桜果
160731-06.jpg

わいわいと楽しい時間はあっという間に過ぎていき…ラストオーダーになりました。そしてこの日ラストの乾杯。
160731-07.jpg

ちなみにラストに一同が頼んだジョッキサイズが超特大。普通サイズ(ビール)のジョッキと比べてみました。でか!!
160731-08.jpg

こんな感じで第一回シメトーークは終了しました。関野さんありがとうございました。
160731-09.jpg

おまけ:5人揃った写真です。
160731-10.jpg

さて、シメンソカでは一緒にシメトーークしてくれる人を募集しています。1人でも複数でも団体でも構いません。写真話からそうでない話まで楽しい時間を過ごしましょう。
※シメトーークに参加する条件が1個だけあります。それはシメンソカブログに載るという事です。その部分をご了承の上、興味のある方は声をかけてください。

今回のゲストの関野悦子さんは新宿のカフェで展示会を行います。興味のある方はぜひ立ち寄ってみてくださいね。



e2ko展 「なつ、なつ」

おぼろげなあのころの記憶
かすかに残るノスタルジー

160802sekino.jpg

絵を描いています。今回は画材としてあるものを初めて使いました。美味しいご飯とともに、楽しんでいただけたら嬉しいです。是非お越しくださいませ。

場所:新宿 MOVE CAFE
会期:2016.08.03〜08.29

※会期中貸切の場合もあるのでお店にご確認ください。
※土日は混雑してる場合があるのでご予約がおすすめです。




write 椿原桜果 /photo 矢野巌・KaoRin・椿原桜果・関野悦子/ blog editor 椿原桜果

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
2016.08.04
 | HOME |