2016年〜のブログ企画として『善意の押しつけ』というものを考えました。これはシメンソカメンバーがその人の事を思って!こんなものを撮った方がいいよ、こんなテーマに挑戦したら今後に活かせるんじゃない?と相手を思いやってという旗印の元、善意を押し売り、いや、善意を押し付けるものです。しかもテーマに沿って撮った後もメンバー内で披露してブログに掲載してもいいか問いOKが出なかったら『追試』まである、非常に余計なお世話を感じつつ暑苦しい企画でした。追試があったメンバーも1発OKだったメンバーもいましたが、今後のそれぞれの写真に活かせればな〜と思ってます。

善意の押しつけラストは矢野巌。矢野巌への善意の押し付けは、『被写体とじっくり向かいあって撮る』

2016zenipiro-01.jpg

2016zenipiro-02.jpg

2016zenipiro-03.jpg

2016zenipiro-04.jpg

2016zenipiro-05.jpg

《矢野巌からのコメント》
人間誰しも得手不得手というものがあり、多くの場合そこは自覚されている。
自覚されてはいても、不得手に挑むことには苦痛が伴うのが常であり、
すすんで取り組んでみようとしないのが人情というもの。

さて、僕にはどうしても時間を掛けてゆっくり取り組めないことが2つある。

1つは食事。
慌しい寿司屋の調理場で生まれ育ったため、どうしても食事も急いでしまう。

もう1つが写真。
スナップという慌しい撮り方できてしまったため、どうしても撮り急いでしまう。
世界は待ってくれんのですよぉ!と、ついつい瞬間にシャッターを切る。
どれだけ頭で分かっていても、シャッターを待てない。

そんな僕にシメンソカの皆が『善意の押し付 け』として薦めてきたのが
『被写体とじっくり向き合って撮ること』だった。
実に善意と愛と理解に満ちた無理難題で、僕にとっては拷問に等しい。
そうは言ってもせっかくの善意は受け止めるのが大人というもの。
文字通り、サッサとシャッターを切りたい自分へ待て!をしながらカメラを構える。

今回僕が選んだ被写体は、タマネギだった。
スーパーで買ってきたタマネギを、買ってから調理し終わるまでを捉えてみた。
満を持して提出した僕に待っていたのは、
違う違う、そうじゃない!と満を持してのダメ出しの嵐。
どうやらメンバーの求める善意は、そうでないという結論。
追試が決定した。

ならばと次に選んだのは洗濯機。
10年以上使っている洗濯機を、様々な角 度から丁寧に撮った。
僕には年老いたおばあちゃん洗濯機が一生懸命に働いているように見え、
愛情を持って痛んだ部分なども撮ったのだが、やはりそれも違うという結論。
二度目の追試が決定した。

自分の好きなものを人に伝えるイメージでとのアドバイスで、僕が思いついたのは地蔵。
2日かけて巣鴨へ通い、撮り続けた中から今回の枚数を選び、
写真の並びや切り取り方なども話し合った上で、ようやく合格となった。


この一連の流れの中で何が見えてきたかというと、
『被写体とじっくり向き合って撮ること』というシンプルな課題に対しての捉え方の違い。
僕はドキュメンタリー的な思考や撮り方が身に染み付いているので、
例えば最初のタマネギについても、購入か ら食べ終わるまでを追うことが『じっくり向き合う』という意味になる。
しかしメンバー達の捉え方とは大きくズレがあったために、追試となった。

洗濯機では意図するところを充分に汲んで取り組んだ筈であったが、
今度は『洗濯機がおばあちゃんに見える』という捉え方と、提出した作品の撮り方で意見の相違があり、追試となった。

最後の地蔵は、これはもう地蔵の素晴らしさを皆に伝えるとしたらというアドバイスに基づいて、
どうしたら伝わるだろうかというのを、巣鴨の老人達に囲まれながらずっと考えながら撮り続けた。
始発の時間から夜中まで絶えることなく参拝者の願いを受け止める地蔵。
参拝者一人一人の表情や動きと共に見ていると、色んなことが見えてきて、
こ れをほんの何枚かにまとめるためにシャッターを切り続けたのが今回の作品となる。

面倒な話に見えるかもしれないが、これは遠慮なく言い合える関係だからこそ。
今回の課題についてカンカンガクガクの話を重ねて成果はあったが、まだまだ捉え方の違いが埋まったとも思えない。
また機会があれば是非ともやりたい企画である。


write 椿原桜果&矢野巌 /photo 松崎ヒロノブ / blog editor 椿原桜果

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
2016.06.08
コメント記入欄

挑戦

やのさんはスナップの名手なので、さぞ苦痛だっただろうと想像がつきます。
じっくりならネーチャーかなと想いましたが
「お地蔵さん」という被写体を選んだ感じが、矢野さんらいしなって感じました。矢野さんは文化と伝統を重んじてるように想えるからです。
みなさんにたくさん言われてタジタジなやのさんを想像すると少し微笑ましかったです^ ^

なとり | 2016.06.08(Wed) 22:15:42 | URL | EDIT

なとりさん
それはもう大変でした。
こんなにちゃんと撮ってるのに、何がイカンのかと理解できませんでした。
2度の追試をするなかで徐々に理解が進み、おそらく僕らしい地蔵を被写体に選ぶことで形にすることができました。
言われて悔しいことも多々あったのですが、根っこの信頼関係があるから後は引かないですし、
シメンソカだからできる大切な企画だと思います。

矢野 巌 | 2016.06.08(Wed) 23:02:46 | URL | EDIT